粗利率の計算合ってますか?

粗利(粗利益)とは売上総利益のことで、売上から売上原価を差し引いた利益です。

そして粗利率というのは売上に占める粗利の割合のことで、どの業界でもだいたいの数字があると思います。例えば建設業界なら20%~30%程度でしょうか。

そこから販管費の支払い、金融機関への利息支払い・借入金返済等をする必要がありますから、適正な利益が取れるよう請求金額を決めなければなりません。利益率に異常がないかしっかり管理する必要があります。

こんな当たり前のことをなぜ申し上げるのかというと、信じられないかもしれませんが、粗利の計算を間違えて顧客に請求書を提出している企業に出会うからです。

業界平均が30%だと仮定し、自社もそれを目指すとしましょう。

原価が70万円なら100万円の売上にすることで粗利率30%を達成することができます。しかし、30%の粗利率だからと、誤って原価70万円に1.3をかけて計算しているのです。

それだと

売上91万円−原価70万円=粗利21万円ですから、

21万円÷91万円=約23%、目標とする利益率30%には届きません。

粗利率は売上に対する利益の割合を示していますから、原価に利益率分を上乗せするこのような計算方法は間違っています。

では原価が70万円と計算され、3割の利益を上乗せした売上がいくらかを計算するには、

売上−原価70万円=売上の30%

となりますから、

0.7売上=原価70万

売上=原価70万÷0.7=100万円となります。

普通はそんなこと起きないと思いますし、こちらも業界経験の長い経営者さんがそんな間違いするかな?と思うのですが、頻繁に見かけるわけではないけど実際にいらっしゃるので、みなさんも念のため注意してください。今までお二人いらっしゃいました。

見積書や請求書をエクセルで作成している場合、計算式におかしな箇所ありませんか。

特に値引きもしていないのに、お客様から「おたくは他より安いよね」と何度か言われる、取引金融機関から「同業他社より利益率が低いですよ」などと言われたら、一度見直してください。

銀行や税理士事務所等で勤務した経験を活かし、経営者の右腕・参謀として資金繰りや経営改善、銀行取引についてご支援します。相談できるコンサルタントや専門家がいなければいつでも連絡してください。

プロフィール

関連記事