3月の資金繰り確認を

今日から3月に入りました。

例年、3月は資金需要の高まる月です。金融機関、信用保証協会、ノンバンク、ファクタリング会社、どこも忙しいと思います。

1,2月は営業日数が少ないこともあり、3月は売上先からの回収金額が少なくなる業種も多く、資金繰り的には厳しい月になってしまう企業が多いでしょう。

「3月の支払いが厳しそうだ」「手元資金に余裕を持たせたい」といった中小企業はまだ3月末までの資金調達は可能です。

「何とかなるだろう」と考えていたものの、月末が近くなるにつれて資金が不足してしまう事が分かって、慌てて取引銀行に相談しても間に合わないかもしれません(それでも間に合うケースも多いですからまずは取引金融機関に相談しましょう)。

そして、ノンバンクやファクタリングを利用して資金調達できたとしても、金利や手数料の負担が大きくなってしまいます。

ノンバンクやファクタリングを否定するつもりは全くありません。それによって助かった中小企業も多くありますから。

しかし、早めに対応して金融機関から資金調達していれば、余計な金利や手数料が防げるわけです。ファクタリングを取り扱う企業が増えて競争が激化してきたためか、2社間ファクタリングの手数料は以前に比べると下がってきていますが、それでも年利にしたらかなり高いので利用は十分に注意してください。

したがって、「予想資金繰り表を作成してみたらマイナスになりそうだ」「何となくだけど資金繰りが不安だ」というのでしたら、ぜひ今のうちから準備をしておきましょう。

もし最近の売上高が前年と比較して減少しているようなら、セーフティネット保証5号が利用できるかもしれません。自社が営んでいる業種が対象業種に指定されていることが条件となりますが、平成30年1月~3月までの対象業種も確認してみるといいでしょう。

なお、3月下旬に4月以降の指定業種が決まります。また、4月以降は保証割合が現状の100%から80%に見直されますので注意してください。

先ほども申し上げましたけど、今から行動を起こせば3月末までに資金調達できる可能性は高いです。資金繰りに不安を持っている中小企業経営者さんは早い行動が大切です。

当社でも3月の資金調達について相談を受け付けております。詳しくは「無料・有料相談について」のページをご覧ください。

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

プロフィール

関連記事