銀行融資

3月は早めに行動を

2021-03-01

3月になりました。

3月はいつも融資申込みが増加する月です。

1,2月は売上が減少する企業が多いと思いますが、その影響で3月あたりの資金繰りは苦しくなりませんか。今年は特に売上が低迷しているとしたらその懸念がありますから、3月の資金調達に今から動くようにしましょう。

いつも申し上げていることですが、後になって資金繰りが厳しいことに気が付き、今月中に融資が実行されないなんてことのないよう、ゆとりを持った対応を心がけてください。

銀行融資が間に合わなければ、経営者が自己資金を投入する、ファクタリングやノンバンクの利用が考えられるでしょう。仕入れ等の支払いを遅らせることも考えられますが、これでは信用不安が発生します。

しかし、ノンバンクはそれほど高額な融資はあまり期待できませんし、そもそも事業資金を扱う業者が少ないでしょう。ファクタリングは資金調達方法としては一般的になってきましたし、手数料が下がったとはいえ銀行融資よりも調達コストは割高です。

だからこそ早めに金融機関に相談しなければならないのです。

それと3月は自殺が急増する月でもあります。借入金ごときで自殺なんてする必要はありませんが、真面目な経営者は追い詰められてしまうのかもしれません。返済が難しいのならリスケジュールをして欲しいですし、どうかお近くの専門家に話してください。一人で抱える必要はありません。

当社顧問先でも経営立て直しができず廃業された元経営者さんはいます。しかし、新しい職場で働き始め生活を立て直した方、新たに商売を始めた方、いろいろいらっしゃいます。

ところで、民間金融機関における実質無利子・無担保融資については、(延長されないとすれば)期限が今月末までです。金融機関を通して今月末までに信用保証協会に申し込む必要があるため、先月中旬あたりから金融機関の営業が積極的ではないでしょうか。

多くの当社顧問先でも、取引金融機関から声をかけていただいていますし、知らない金融機関が訪問してきたとの報告もいただいています。

こちらもまだ間に合いますから、希望される経営者さんは早めに取引金融機関に相談してください。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

代表 瀬野正博

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

-銀行融資
-