16年経ちました

当社は平成17年9月21日に設立、今日でちょうと16年です。

他のコンサルタント会社様と違い非常に規模は小さいですが、何とか細々ながらも継続しております。

設立当時は経理業務代行、銀行からの資金調達コンサルティングを行っていました。

■資金調達支援に加え経営改善もサポート

設立当初は資金調達サポートを行っていたのですが、これだけでは顧問先のためにはならないことも多かったため、次のご支援も行うことにしました。

・経営を改善し黒字決算を達成・維持する
・資金繰り管理を強化し早めの融資申込みができるようにする
・融資申込みに必要な書類が迅速に提出できる体制を整える

現在はこれらも実施することで、利益の出る企業、そして金融機関から資金調達がしやすい企業になるコンサルティングを行っています。

■対応地域について

16年もやっているといろいろな地域からご連絡をいただきました。北は北海道、南は沖縄県まで。なぜかドイツにいる日本人の方からも2度ご相談がありました。

設立当初は全国対応としていましたが、小規模なコンサルタント会社であるため、現在は関東地方を中心にしています。

■金融機関にも変化が

金融機関にも中小企業支援について変化がありました。

設立当時は、企業の通知表である決算書がすべてで、企業の将来性あるいは事業継続性が重視されることはあまりありませんでした。

しかし、金融検査マニュアルが廃止されることが公表されたあたりから、徐々に過去(決算書)に加え将来についても重視するようになりました。だから悪い結果の決算書であっても、今後の経営改善の実現可能性が高ければ、金融支援を受けられる可能性は高くなったのです。

また金融機関が融資をする際、返済期間が長期で毎月返済が条件の融資で利用される証書貸付が中心です。しかし、正常運転資金に対して手形貸付や当座貸越で応じるケースも徐々に増えてきました。

もちろん金融機関によって対応に差はありますが、明らかに以前よりも柔軟に対応してくれることが増えました。

それにリスケジュールにも応じてもらいやすくなりましたね。返済が難しくなった場合、リスケジュールをお願いすれば、(絶対とまでは言えないけど)まず受け入れてくれますから。

■これからも中小企業をサポート

現在は新型コロナウイルス感染症で思うような経営ができない、ほぼ正常には戻ったけど借入金が増加してしまった等、影響を受けている企業が少なくないでしょう。

これからも経済危機や自然災害の発生、あるいはライバル企業や代替商品の出現、取引先の倒産等によって、経営危機に立たされることは十分に考えられます。経営者は常に緊張を強いられてします。

当社ではこれからも中小企業の経営や資金繰り改善、銀行融資取引をサポートしていきます。

■経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒101-0046 東京都千代田区神田多町2丁目11番地カツミビル601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

資金繰りや銀行融資のコンサルタントとして、これまでの経験や学んだことを書いています。

プロフィール

関連記事