資金ショートしそうでもやってはいけないこと

資金繰りが厳しくなってきたとき、対応策を誤るとより苦しくなるばかりか、倒産を選択せざるを得なくなります。資金繰りがピンチだと経営者は精神的に辛いと思います。

そんな時にやってはいけない事は次のとおりです。

(1)高金利の融資等に手を出さない

高金利の融資に手を出すと、楽なのは一時的で後々資金繰りが苦しくなります。前向きな資金需要であればまだしも、赤字の穴埋めや金融機関への返済資金として利用するのは避けましょう。

融資以外にもファクタリングの利用が急増しています。最近は地方銀行が大手ファクタリング会社を紹介するケースもあり、徐々に中小企業の資金調達手段として認知されてきました。

ファクタリングとは、自社が保有する売掛金をファクタリング会社に売却することで現金化できるサービスです。売却することで早期に資金化ができるので非常に便利です。

ファクタリングは売掛金の売買契約ですから融資のように金利はかかりませんが、買取手数料が発生します。それが数%の業者あれば、10%以上の業者もいます。

数%でも年利に換算すればかなり高額になります、ましてや10%以上となれば、せっかく獲得した利益の大部分を失うことになりますから注意が必要です。ご相談下さればまともなファクタリング会社をご紹介できます。

(2)返済を頑張りすぎない

多くの経営者はまじめで、仕入先や給料の支払いはもちろんのこと、金融機関への返済も遅れてはならないと考えます。約束通りに支払う、返済するのは当たり前のことではありますが、それに縛られ過ぎるのは資金繰り悪化につながります。

給料や取引先への支払いを後回しにすれば、退職や取引解消が増加しますし、業界内での悪いうわさが広まり信用不安が発生します。

資金繰りに余裕がない時は、限られた資金をどのように支払い・返済に回すか優先順を付けなればなりません。そんな時は金融機関には申し訳ないけど一番後になります。

「資金繰りが好転したら返済を頑張ればいいや」と頭を切り替えましょう。

(3)金融機関に隠さない

資金繰りが苦しいこと金融機関に話せますか。多くの経営者はできれば隠したいと思うでしょう。

しかし、決算書や試算表を見れば分かりますし、口座の動きや残高からも資金繰り状況は明らかになります。

だったら、隠さずオープンにした方がいいと思います。

金融機関は経営実態を見て、どうやっても融資が無理との回答なら、直ちにリスケジュールに移行できますし、何か可能性のある融資を提案してくれることもあります。

リスケジュール中でもそうです。リスケジュール中でも、短期融資を提案してくれるケースはあります。

金融機関も(できれば早めに)相談してくれれば、いくつもの提案ができると思っています。融資先に倒産して欲しいなんて思っていませんから、隠さず早めに情報をオープンにした方が両社にとってメリットがあります。

金融機関の協力を得るためにも、ぜひ資金繰り表を作成しましょう。過去3か月程度の実績と今後半年程度、将来の予測が難しい場合でも3か月程度先の見通しが分かるようにしてください。資金繰り表の作成が面倒に感じる経営者は多いですが、金融機関との交渉においては非常に重要です。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒101-0046 東京都千代田区神田多町2丁目11番地カツミビル601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

資金繰りや銀行融資のコンサルタントとして、これまでの経験や学んだことを書いています。

プロフィール

関連記事