利益はどこに?

利益が出ればそれだけ現預金は増えるはずと、ひたすら売上獲得に走る経営者がいます。

「資金繰りが苦しいのは利益が少ないからだ。もっと利益を出さなければ。そのためにも売上拡大だ」と。その結果、さらに資金繰りが苦しくなってしまうのです。その理由は次のとおりです。

一般的には、商品や原材料等を仕入れ製造・販売するわけですが、常に一定の在庫を持っていますし、販売しても売掛金や手形に変化するだけで現金回収まで時間がかかります。ほとんどの企業は仕入れた代金の支払いが先になって、売掛金等の回収が後になってしまいます。

そこでさらに売上を拡大させようとすれば、先払いになる仕入代金がどんどん大きくなりますから資金繰りがより悪化するのです。

損益計算書ではしっかり利益が出ているとしても、貸借対照表を見れば売上債権(受取手形、売掛金)や棚卸資産(商品、製品、原材料等)が増えるだけで現預金はそれほど増えない、というかむしろ減ってしまうことが多い。

金融機関が融資をしてくれればいいですが、それができない場合は黒字倒産になります。これから売上を拡大させる方針なら、予め取引金融機関にもその話を伝え、資金繰りの手当てをしておきましょう。

起業してから順調に売上が拡大し、社内の現預金と経営者の自己資金でやりくりをしていたけど、いよいよそれだけでは足りなくなってしまう中小企業があります。銀行融資はファクタリング等に比べ日数がかかりますから早めに動いてください。

また即効性はありませんが取引条件の改善も必要です。既存の取引先には無理だとしても、新規販売先には今までの平均よりも短く、新規仕入先には長い支払サイトを要求してみるのです。

利益の分だけ現預金が増加しない理由はそれだけではありません。仮に「利益=現預金の増加」であったとしても、金融機関への返済、固定資産の購入、リース等の長期未払金の支払い、その他にもノンバンク等から借りた場合はその分の返済もありますから、利益はたくさんあっても現預金はそれほど増加していない、むしろ金融機関からの資金調達がなければ減少している、中小企業ではそんなケースが圧倒的に多いのです。

経営者は儲かった利益がどのように消えていったのか、キャッシュフロー計算書等でしっかり理解しなければなりません。

それと、「利益を増やすにはとにかく売上だ」と一生懸命になるのですが、売上獲得ばかりに目が向いてしまい、利益率を大きく落としてしまうこともあります。値引きがすべて駄目とは言いませんが、適正な利益を獲得できる売上拡大を目指すよう注意してください。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒101-0046 東京都千代田区神田多町2丁目11番地カツミビル601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


社長ブログランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントとして、これまでの経験や学んだことを書いています。

プロフィール

関連記事