銀行融資

役員借入金

経営者から借入れした場合、貸借対照表の負債の部に「短期借入金」や「長期借入金」ではなく、「役員借入金」として計上していることがあります。

それは内訳書を見なくても、決算書だけで金融機関からの借入金との違いが明確になるようにするためです。

そしてもう一つ理由があります。中小企業は経営者がほとんどの株式を保有していることから、法人と個人を一体と見なすことができます。経営者から法人に貸付けた資金について返済を求めないのであれば、金融機関も借入金ではなく資本金として扱うこともできます。そのためにあえて「役員借入金」と分けて計上しているのです。

この役員借入金ですが、経営者の個人口座から振り込まれたのが明らかであったり、資金繰りの都合上、役員報酬の未払分を役員借入金にしていたりすれば、そのような取り扱いもしやすいでしょう。しかし、そう簡単に行かないこともあるのです。

例えば、金融機関が融資をしてくれないために、ノンバンクあるいは高金利の金融会社から資金調達した企業は、それがばれないよう役員借入金で計上していることが多いからです。すでに資金繰りの悪化で個人の預金もほとんどないのに、多額の役員借入金が発生していたら家族や知人からの可能性もあるけど、やっぱり金融機関は怪しいと考えるかもしれません。

それ以外にも、仕入や外注費、その他経費の未払いが増加していたら、資金繰りが極めて悪化し支払能力がないと思われます。それを隠すためにすべて役員借入金で処理していることもあります。

業績の悪化で、個人の資金を自社に投入する、あるいは役員報酬未払を計上するのは、仕方がないことです。ただ、何か隠し事があるのでは、と疑われることがないようにしましょう。

また、リスケジュール中に役員借入金が発生したのなら、新たな融資が困難だから自己資金を使ったのだろうとなりますが、まだリスケジュールをしていないのなら、他行での資金調達が困難になっているのだな?と疑われる可能性があります。

そうであれば無理せず返済をストップしながら、自社と経営者の資金でやりくりしなければなりません。隠しても良いことはありませんから、一日も早めに元金返済をストップしてもらいましょう。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒101-0046 東京都千代田区神田多町2丁目11番地カツミビル601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


社長ブログランキング

顧問先の5回目モニタリング報告前のページ

事業廃止はよく検討してから次のページ

ピックアップ記事

  1. 条件変更改善型借換保証
  2. 中小企業も書類作成能力が必要
  3. 営業利益は黒字ですか?
  4. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  5. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました

関連記事

  1. 銀行融資

    今日から11月

    今日から11月です。今年も残りはあと2カ月。9月に入ってからの…

  2. 資金繰り

    保証協会付き融資を使ってプロパー融資も獲得を

    プロパー融資というのは、信用保証協会(以下、保証協会)の保証が付かない…

  3. 銀行融資

    書類を提出するメリット

    金融機関とお付き合いされていれば決算書は提出されるでしょう。融資が必要…

  4. ブログ

    とっても積極的な融資姿勢

    過去のブログのどこかに書いたかどうか忘れてしまいましたが、銀行の融資姿…

  5. 資金繰り

    NPO法人も信用保証制度が利用できます

    当社は賛助会員として活動を応援している NPO法人があります。…

  6. 資金繰り

    信用保証協会に頼らない経営を

    中小企業(特に小規模企業)であれば銀行からの資金調達では、信用保証協会…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、金融機関との銀行融資取引、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区・千葉県市川市より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 中小企業経営

    最近もあったはしご相談
  2. 銀行融資

    不動産担保
  3. 中小企業支援制度

    2021年度の固定資産税・都市計画税の軽減措置
  4. 金融機関に関するニュース

    スルガ銀行は優良銀行
  5. 中小企業支援制度

    経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)
PAGE TOP