銀行融資

顧問先と銀行に事業計画書を提出

今日訪問した顧問先は埼玉県の企業です。社長や専務と一緒に事業計画書を作成、完成したので取引銀行に提出と説明をしてきました。

新型コロナウイルスに加え、社内での問題点も出てきたため、経営にも影響が出ていました。それらの問題点についての改善策、そして今期以降の損益予想が主な計画内容です。

顧問先はもともと金融機関には毎年計画書を提出し、定期的に試算表で進捗状況を報告する、そんなお付き合いに関心を持っていました。

そこで今回、早期経営改善計画策定支援事業(通称、ポストコロナ持続的発展計画事業)を利用して事業計画書を作成したのです。この制度を利用すれば、専門家(認定支援機関)に支払う報酬の3分の2(最大20万円)を国が負担してくれます。

みなさんも経営が悪化したのは新型コロナウイルスに原因があるかもしれません。しかし、それだけとは限りません。それ以外にもあるのではないでしょうか。特にコロナ前から赤字の企業は、その原因を解消しなければコロナが終わっても事業継続は困難しょう。

それにコロナのせいばかりにもしていられません。影響がまだあるなら、計画書作成はこれからどう立て直していくのかを考えるきっかけになるでしょう。

今後の経営をしっかり考えて行きたいと本気でお考えの経営者さんは、ぜひこの制度を利用してはいかがでしょうか。金融機関との関係改善にも役立ちます。

もしこの制度について関心がある、または分からないことがありましたらご連絡ください。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒101-0046 東京都千代田区神田多町2丁目11番地カツミビル601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

リスケジュール依頼時、金融機関からの要求は断る前のページ

資金繰りに余裕があっても融資取引を次のページ

ピックアップ記事

  1. 経営改善に必要なこと
  2. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  3. 融資を受けるために必要な資料
  4. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  5. 認定支援機関の活用

関連記事

  1. 銀行融資

    困った担当者

    顧問先に来てくれるD金融機関の担当者は、仕事はできない、見た目は派手で…

  2. 銀行融資

    経営計画書で金融支援を獲得

    金融機関との融資取引において、経営計画書の提出を要求される、あるいは提…

  3. 銀行融資

    減価償却費が原因で赤字

    当社みたいな財務コンサルティング会社は、高額な設備投資というのは必要あ…

  4. 銀行融資

    メインバンク選びの考え方

    メインバンクといえば、どのような金融機関をイメージするでしょうか。…

  5. 資金繰り

    リスケジュールで注意すること

    融資が金融機関から出ないと明らかになったら、「リスケジュール(以下リス…

  6. 銀行融資

    顧問先に金融機関を紹介しました

    豊島区で製造業を営んでいる顧問先とはもう15年近くお付き合いをさせて頂…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 中小企業経営

    取引先の選別
  2. ブログ

    民業圧迫
  3. 経理業務

    資金繰り表の作成は不可欠
  4. 資金繰り

    残ったお金で返済する
  5. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    無料相談の対応変更について
PAGE TOP