資金繰り

リスケジュールで注意すること

融資が金融機関から出ないと明らかになったら、「リスケジュール(以下リスケ)で毎月の返済を軽減してもらおう」と考えるわけですが、基本的には応じてもらえる可能性が高いと思います。

こちらは金融庁HPにある銀行の「貸付条件の変更等の状況について(令和2年3月10日から令和3年2月末までの実績)」です。このように現時点では銀行の実行率は極めて高いです。なお、信用金庫や信用組合も99%台です。ただ、これからリスケをお願いするにあたり、注意すべきこと、そして必要書類があります。

(1)余裕を持っての依頼

最後まで自社で何とかしようとしたが、どうしようもできなくなってからリスケの依頼をする企業が現実的には多数です。リスケをしたら新規融資が当面期待できない等の理由から仕方のないことではあります。しかし、金融機関の立場としては、行内の手続きや信用保証協会の承認も必要ですから、余裕を持って行動した方がいいでしょう。

ギリギリで依頼して来られると、ここで支援に応じても資金繰りがもたないのではと思われてしまいます。

それと、融資を受けたばかりでのリスケ依頼はやめましょう。その融資額で当面の資金繰りが持つと考えて金融機関に依頼しているわけですから、気持ち的には騙されたとなるでしょう。リスケが困難になる、応じてくれたとしても難航することが予想されます。明確な基準があるわけではありませんが、どんなに早くとも半年、できれば1年は経ってからの方がいいです。

なお、金融機関への返済を優先させて、税金や社会保険料、あるいは諸経費の支払いが遅れることのないようにしてください。そうなっていたら直ちにリスケをしてそれら支払いを優先しなければなりません。

(2)資金繰り表の作成

このまま返済を続けていけば、いつ現預金残高がマイナスになるのか、そして返済をストップあるいは軽減することで、当面の残高はプラスで推移できるのか、それを説明するためにも相談時に資金繰り表はあった方がいいでしょう。

「あった方がいいでしょう」と書きましたが、基本的には必要です。ただ作成に手間取り時間がかかるようなら、とりあえず金融機関にリスケの依頼をすることが先となります。

(3)粉飾決算をしたなら伝える

資金繰りが苦しい企業では、粉飾決算をしていることが非常に多いといえます。

決算書の内容が悪ければ融資が出ないのではとの不安から、(金融機関を騙したくはないけど)やむを得ず手を出してしまうのは非常に理解できます。

ただし、リスケを依頼するタイミングで過去の粉飾内容は伝えるべきです。次の(4)とも関連しますが、リスケ中に返済が再開できる企業となるよう経営を立て直すわけですから、自社の財務内容の実態を報告する必要があるのです。その実態に基づいて経営改善計画を策定します。

今のところ当社でお手伝いした顧問先は、すべて粉飾内容をオープンにしても支援を受けることができました。しかし、必ずしもそうならないこともありますから、金融機関に伝える際は注意してください。

(4)経営改善計画書の作成

金融機関の立場としては、「リスケに応じてあげるけど、それで当行にはメリットがあるのか」と考えます。単なる延命なら時間をかけて支援するよりも、信用保証協会に代位弁済するなり、担保不動産を処分した方が手っ取り早いでしょう。

そう判断されないよう、企業はリスケに応じることで自社の経営立て直しに成功し、返済が順調に進むということを経営改善計画書で説明する必要があるのです。

しかし、本格的な経営改善計画書をすぐに作成することは容易ではありません。リスケのお願いに行ったときに提出できればいいですけど、時間的に難しいかもしれません。

その場合、例えば「経営改善計画書を〇月までには提出するので、とりあえず6か月の返済ストップをお願いします」と依頼するのです。そして完成した計画書を全金融機関に説明して、今後の業績見通しや返済予定額を伝えるようにします。

リスケは金融機関と当初約束した返済条件を変更してもらうことです。企業側の都合で約束が守れなかったわけですから、役員報酬が高額なら減額するなどの企業努力も必要となるでしょう。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒101-0046 東京都千代田区神田多町2丁目11番地カツミビル601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

ポストコロナ持続的発展計画事業前のページ

取引金融機関の数が多すぎる次のページ

ピックアップ記事

  1. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  2. 経営改善ができない経営者さんへ
  3. 今の経営で大丈夫ですか?
  4. 条件変更改善型借換保証
  5. リスケは経営者が動かないと

関連記事

  1. 銀行融資

    忙しい銀行員の手助けをしてあげましょう

    銀行員は忙しい私が銀行員の頃はとにかく帰りが遅かったです。…

  2. 銀行融資

    今日は信用金庫の日

    今日6月15日は信用金庫の日です。信用金庫は、地域の方々が利用…

  3. 資金繰り

    ネット上の情報は参考程度に

    売上が激減している、あるいは資金繰りに困り融資を検討している企業の経営…

  4. 銀行融資

    銀行員が営業に来たら会っておきましょう

    先月、神奈川県の顧問先で仕事をしていたら、東日本銀行の行員がやってきま…

  5. 銀行融資

    日本政策金融公庫との継続取引

    ■民間金融機関の補完的な役割日本政策金融公庫(以下、公庫)は、国が…

  6. 資金繰り

    筑波銀行の短期継続融資

    短期継続融資はこのブログでもご紹介していますが、企業の正常運転資金(経…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、金融機関との銀行融資取引、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区・千葉県市川市より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    近代セールス2021年7月15日号に執筆記事が掲載されました
  2. 中小企業経営

    早期発見が重要
  3. 中小企業支援制度

    マル経融資
  4. 資金繰り

    栃木銀行から短期継続融資の提案
  5. 中小企業支援制度

    セーフティネット保証4号認定申請前に必ず確認を
PAGE TOP