4月以降も金融機関の支援を受けたい

3月に金融機関からの資金調達を希望していた顧問先は、先週までにすべて実行されました。

顧問先も依然としてコロナの影響を受けてはいますが、業績改善に努力し数字にも表れ始めたのが評価されています。

ところで、コロナの感染拡大が始まって約1年が経過しました。コロナの影響を受けた1年前の同月と比較していかがでしょうか。

仮に昨年3月からコロナの影響をもろに受けて業績が悪化したとしましょう。今月は今日を含めて3日で終わりますが、前年同月比でいい数字が出そうでしょうか。

あるいは横ばいであったりむしろ悪化していたりする企業もあるでしょう。

業績が回復しているなら経営者としてはとりあえず安心でしょうし、金融機関も支援を継続する気になるでしょう。

しかし、コロナ感染拡大してほぼ1年経ったのに、あまり変わっていないとしたらどうでしょうか。「コロナの影響が大きかったですから。仕方がないですよね」と言ってくれるかもしれませんが、「1年間何やっていたのだろう」と思っているかもしれません。

国はコロナの影響から中小企業を資金繰り面で支えてきました。しかし、今月末で民間金融機関によるゼロゼロ融資は終了です。これまでの流れでいえば、信用保証協会や政府系金融機関の審査が緩かった後は、基本的にその反動で引き締めに入ってきます。

コロナの中でも経営立て直しが進んでいる中小企業には、今後も融資を続けても回収できる可能性は高いでしょう。しかし、赤字経営に陥り借入金残高は急増しているなか、既存事業が思う様に回復せず、他に新規事業も軌道に乗らないようでは、支援を続ける意味がなくなっていきます。支援継続対象から外されるかもしれません。

もうコロナの影響から廃業を決めているのならそれでも問題はないでしょう。しかし、まだ事業継続意欲があるのなら、支援を継続してもらわなければなりません。

支援は継続してもらいたいけど、まだ試算表等では結果を示すことができていないのなら、これから良くなることを経営改善計画書で説明し、結果を出していくしかありません。

もちろん金融機関の支援が欲しいからと、楽観的な数値計画を作成しないようにしましょう。金融機関担当者に実現可能性を見抜かれるでしょうし、計画と結果に大きな乖離があれば信用を失い金融支援にも影響を及ぼします。

4月からも継続して金融機関の支援を受けたいが、顧問税理士も含めて相談相手がいないのなら、当社がお役に立てるかもしれません。まずは無料・有料相談をご利用ください。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒101-0046 東京都千代田区神田多町2丁目11番地カツミビル601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントをしています。このブログではこれまでの業務で経験したことを書いています。

プロフィール

関連記事