資金繰り

リスケジュールを依頼するときの注意点

中小企業は大企業と異なり、直接金融による資金調達が容易ではなく、金融機関からの資金調達が中心となります。

そして、外部環境の変化を受けやすいですし、取引先が1社減っただけでも赤字や債務超過に陥りやすいものです。さらに手持資金が潤沢ということは少ないので、すぐに資金ショートを起こす可能性も高いでしょう。

それでも金融機関が融資をしてくれればいいですが、普段から借入金残高が大きい中小企業であれば、追加融資が期待できないことも多いのです。

昨年はコロナ融資が出やすかったと思いますし、据置期間を設けてもらったおかげで資金繰りが改善された中小企業は多いでしょう。しかし、それでもまだ資金繰りが苦しいにもかかわらず追加融資が期待できない場合は、リスケジュール(リスケ)をしてもらうべきでしょう。

リスケジュールをするとしばらく新規融資が期待できないからと、金融機関への依頼をためらう経営者がいます。それに頭を下げるのが嫌といった感情もあるかもしれません。しかし、早めに行動しないと手持資金が減少していくだけです。

 

■リスケジュールは恥ずかしいことではない

リスケジュールはもちろんできれば避けたいとは思いますが、新規融資がしばらく期待できないことが、担当者の対応から明らかならやむを得ないでしょう。それにそのような経営はどの企業でも起こりうることです。恥ずかしいことではありませんから、資金繰りが苦しいならリスケジュールを相談してみましょう。

金融機関に相談する時、少し不安な気持ちになるかもしれません。昔はリスケジュールをしてもらうことは容易ではありませんでしたが、今は結構柔軟に対応してくれます。初めてのリスケジュールならほぼ確実に応じてくれると思います。

ただ、金融機関と当初約束した返済計画を守れなくなったのは企業側です。どんな理由であっても、お詫びの気持ちを持ってお願いする姿勢で依頼してください。

普段は担当者が来てくれていたとしても、リスケジュールをお願いしたいときは、こちらから出向いていくようにしましょう。「ご相談したいことがあるので、こちらから伺います」と。担当者が若手や融資に詳しくないようでしたら、上司や融資課の行職員も同席してもらってもいいでしょう。

■経営改善計画書の作成

返済計画に基づいた返済が困難になったわけですから、融資実行時よりも経営は悪化していることになります。

そんなときに手ぶらで訪問して「経営が悪化したのでしばらく返済をストップさせてください」では、金融機関は不安になります。

みなさんが知人にお金を貸して、「失業したからしばらく返済ができない」とだけ言われたら不安でしょう。就職活動はどうなっているのか等、詳しく説明を求めるはずです。

それと同じように経営改善計画書を作成して、どのように経営を立て直していくのか、その結果として今後の数値見通しはどうなるのか、返済はいつごろから可能となるのか、等の説明をしなければなりません。

したがって、リスケジュールを依頼するときに経営改善計画書を提出する必要があるのです。

ただ、経営改善計画書はすぐに完成できるものではありません。1~3枚程度を数時間で簡単に作成することもできますが、金融機関から支援の同意を取り付けるには、しばらく時間を使って作成することが必要となるでしょう。

すぐにリスケジュールをお願いしなければならないが、経営改善計画書はまだ時間がかかるというなら、相談に行った際「リスケジュールをお願いします。経営改善計画書はこれから作成しますのでしばらくお時間をください」と後日提出することを約束してください。

当社がお手伝いした企業でも急いでいる場合、とりあえず半年返済ストップをお願いし、3カ月程度かけて経営改善計画書を作成すると伝えることが多いです。すべての金融機関が同意してくれるとは限らないかもしれませんが、今までの経験からは同意をいただいています。

 

■前向きな気持ちで

経営が悪化し資金繰りが苦しいと、どうしても落ち込んだり、悲観的になったりします。しかし、そんな感情のまま金融機関と交渉したら、金融機関も不安になります。必ず「これから当社は良くなっていきます」と前向きな気持ちで交渉しましょう。

ただ、経営者の気持ちは前向きであっても、経営改善計画書の内容は保守的の方がいいと思います。どうしても金融機関からの支援を引き出したいからと、甘い数値計画になりがちだからです。かえってその方が実現可能性を疑われますし、大幅未達の場合は今後の支援にも影響しますから注意してください。

 

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

社員の個人事業主化前のページ

資金調達は晴れの日に次のページ

ピックアップ記事

  1. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  2. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  3. 認定支援機関の活用
  4. 当社は記帳代行も行っています
  5. リスケジュールのすすめ

関連記事

  1. 銀行融資

    期限の利益

    期限の利益ってご存知ですか?皆さんの会社が、金額1億円、期間は…

  2. 資金繰り

    今年はさらに資金繰りが厳しいと不安ではありませんか

    昨年のコロナ融資による資金調達には成功したものの、その後、新規融資を断…

  3. 銀行融資

    自社の借入金利は適正?

    銀行は少しでも企業に高い金利で貸したいですし、企業は少しでも低金利での…

  4. 資金繰り

    オーバーリース

    数年前ちょっとだけお付き合いした経営者さんから電話がありました。「ちょ…

  5. ブログ

    融資獲得には積極的な情報提供が必要

    金融機関の融資姿勢としては、決算書も今まで通り大切ではありますが、最近…

  6. 資金繰り

    手持ち資金にゆとりを

    ウイルス感染者が国内で千人を突破し、最近は欧米で急増し世界全体で30万…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 中小企業経営

    求人は自社の魅力をもっとアピール
  2. 資金繰り

    信用保証に関する金融機関アンケート調査結果の概要(20年度下期調査)
  3. 銀行融資

    この固定資産本当にあるの?
  4. 起業(創業)

    新規設立法人が増加傾向
  5. その他いろいろ

    市川のおさかなグルメフェア
PAGE TOP