新型コロナウイルスに係るセーフティネット保証4号の指定期間延長

新型コロナウイルス感染症に係るセーフティネット保証4号の指定期間は、令和3年3月1日までとなっておりましたが、期間を3ヶ月延長して令和3年6月1日まで延長する予定であると公表されました。

中小企業庁HPのタイトルには「延長します」とあります。しかし、概要には「延長することを予定しております。」と書かれていますが延長で決まりでしょう。

新型コロナウイルスの影響を受けて取引金融機関に融資を相談すると、このセーフティネット保証4号で取り扱いたいと言われた経営者が多いでしょう。5号は80%保証ですが、4号は100%保証であるため、リスクを避けたい金融機関は4号の利用を勧めてきます。

昨年3月頃まではまだ大きく売上が減少しなかったが、その後は影響を受けて売上が減少した企業なら、今年に入って緊急事態宣言もあり前年と比較して20%以上減少している中小企業は多いかと思います。

売上は大きく減少したが経営の立て直しに意欲があり、資金繰り安定のために必要であれば、セーフティネット保証4号が自社も対象になるか確認してみましょう。

■セーフティネット保証4号とは

セーフティネット保証4号の内容は次のとおりです。

(1)制度概要
自然災害等の突発的事由(地震、台風等)により経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、災害救助法が適用された場合及び都道府県から要請があり国として指定する必要があると認める場合に、信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で借入債務の100%を保証する制度。

(2)対象中小企業
・指定地域において1年以上継続して事業を行っていること
・災害の発生に起因して、当該災害の影響を受けた後、原則として最近1ヶ月の売上高等が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2ヶ月を含む3ヶ月間の売上高等が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれること
なお、売上高等の減少については、市区町村長の認定が必要です。

(3)内容(保証条件)
・対象資金:経営安定資金
・保証割合:100%保証
・保証限度額:一般保証とは別枠で2億8,000万円

■実質無利子・無担保融資は3月31日まで?

コロナの影響はまだ続いていますから、この4号の3ヶ月延長は予定通りです。しかし、民間金融機関による実質無利子・無担保融資の保証申し込み期限は、今のところ3月31日までです。

こちらも延長される可能性は高いとは思いますが絶対とはいえません。4月からスタートする新しい信用保証制度が公表されていますし。

もし実質無利子・無担保融資を確実に利用したいのでしたら、できれば3月上旬までには申し込みましょう。その前に取引金融機関にも相談し、何が必要かを確認して間に合うようにしてください。

 

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントとして、これまでの経験や学んだことを書いています。

プロフィール

関連記事