売掛債権、受注時に買い取り

中小企業の資金調達方法として、まず思い浮かぶのが銀行融資でしょう。それ以外にノンバンク、経営者の自己資金、クラウドファンディング、そしてファクタリングが考えられます。

ファクタリングについて、本日の日本経済新聞に次のような記事がありました。

2021年1月29日付「中小資金繰りに新手法 売掛債権、受注時に買い取り

ファクタリングといえば、企業が販売先に対して保有する売掛債権を、手数料を支払ってファクタリング会社に買い取ってもらう資金調達方法です。ちなみに、給与ファクタリングは違法ですが、企業が保有する売掛債権を買い取るファクタリングは問題ありません。

売掛債権は発生してもすぐに入金してくれませんから、売掛債権残高が増えるほど資金繰りは苦しくなります。ファクタリングを利用することで資金を早く手にすることができ、資金繰り改善ができます。

通常、債権の買い取りは納品後に請求書を作ったタイミングで行われます。しかしこの記事によると、買い取りのタイミングを前倒しし、受注段階で債権を資金化するサービスが出てきたとのことです。

トランザックス株式会社は、受注時点で売掛債権の買い取りが可能なリスク分析手法を開発、そのノウハウの提供を受けているビートレーディングが、注文書をもとに債権を買い取るファクタリングサービスを始めました。

これまでよりさらに早く資金化できることになります。

ファクタリングは、債権の売買ですから融資とは違います。金融機関からの資金調達よりも早いですし、書類上の手間も少ないでしょう。それに赤字や債務超過、あるいは税金滞納があっても買い取りに応じてくれる可能性は高いメリットがあります。

しかし、ファクタリングにはデメリットも存在します。最近はかなり手数料も下がってきましたが、それでも融資に比べると資金調達コストはかなり高いでしょうから、利用は冷静に判断しなければなりません。それに当社が提携しているファクタリング会社は真面目にやっている業者さんですが、ファクタリング業者を装っている貸金業者もいます。

資金繰りに困ると、買取手数料や(ちゃんとした)ファクタリング会社かをよく確認しない経営者がいるようです。ぜひ注意してください。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントとして、これまでの経験や学んだことを書いています。

プロフィール

関連記事