コロナで困窮の中小企業に高金利貸付け

産経新聞2020年12月4日

コロナ禍の中小企業に高金利貸し付けか、男8人逮捕

新型コロナウイルスで資金難に陥った中小企業に、違法な高金利で貸し付けたとして男8人が逮捕されました。

中小企業の名簿をもとに、ファックスやダイレクトメールで「コロナ対策融資までのつなぎ」などと勧誘、勧誘時の年利は5%でも、実際には年利約600~1500%の利息を受け取っていたとみられるとのことです。

メールやファックスなどで融資を勧誘してくることありますよね。顧問先を訪問するとそんなファックスを見せてもらうことがあります。見ると確かに金利は銀行よりも高いけど、何となくいいかなと感じる金利になっています。

ファクタリングも注意が必要です。もちろん真面目にやっているファクタリング会社はあるのですが、ファクタリングなのか違法な貸付けなのかよく分からない業者も増えています。金融機関からの融資が出ない、債務超過、税金滞納でも対応可能と書かれていることが多いので、資金調達手段がないほど追い詰められた中小企業はどうしても検討するでしょう。

これから年末・年度末に向けて銀行が支援してくれない、融資実行まで時間がかかりそうだ、そんな時に手を出してしまうわけですが、ちゃんとやっている業者なのか、契約内容におかしなところはないか等、できる限りの確認はしましょう。

それともう一つ、クレジットカードには、商品やサービスを購入し後払いにできる「ショッピング」機能と、お金を借りることができる「キャッシング」機能がありますが、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手にする方法を利用している、あるいは利用を考えている経営者さんいませんか。

換金性の高い商品を購入し、それを業者に買い取ってもらうことで資金調達ができるわけですが、クレジットカード会社はそのような利用を当然認めていませんし、年利にしたらかなり高いです。絶対に手を出してはいけません。

2年前にちょっとお手伝いした経営者がすでにそれをやっていて、コンサルタントとしては何もできない状況でした。

不景気になり中小企業が資金繰りに困る世の中になると、経営者を騙して儲けようとする悪い業者が増えます。どうか注意してください。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントとして、これまでの経験や学んだことを書いています。

プロフィール

関連記事