提携ノンバンクさんからの連絡

業務提携をしているノンバンクさんから連絡がありました。

内容は簡単に言えば、資金繰りで困っている企業があったら紹介して欲しいとの営業電話です。金融機関から見捨てられた、または急ぎで資金調達したい企業があったら、紹介して欲しいといつも言われているのです。

しかし、今年前半は日本政策金融公庫が気持ち悪いぐらい優しかったですし、売上が減少すればセーフティネット保証4号を利用しての資金調達が容易でしたから、最近、当社からノンバンクに相談する案件が全くありませんでした。

そのノンバンクは無担保ローンをやっていますが、あまり大きな額の融資は容易ではありません。どのノンバンクでも同じで、回収リスクを考えると少額の融資を多く取り扱いたいでしょう。無担保よりも売掛債権や不動産を担保にしたローンをやりたいみたいですね。

コロナ融資で資金調達が成功し、まだ資金に余裕がある企業もあるでしょうが、赤字が続いたり、据置期間のない融資で返済が続いているため、預金残高が減少している企業は多いと思います。

そんな時は、少なくとも返済が進んだ分だけ新たに融資を申し込んで欲しいと思いますが、不幸にも融資が出なかったとしても、金融機関よりも金利の高いノンバンクで調達して返済に回すことは避けましょう。一時的にはいいにしても後が苦しくなるだけです。

金融機関からの資金調達が叶わなければ、返済額のストップまたは軽減をしましょう。ノンバンクは入金が確実な売掛金がある場合の一時的なつなぎ資金等、短期で返済できる場合にできるだけ限定すべきです。

ノンバンクからの資金調達がすべて悪いという先入観は持たない方がいいですし、使い方次第では検討していいと思います。「取引金融機関からの資金調達ができなくなった。だけど一時的に資金ショートするので、ノンバンクからでも調達したい」、そんなご希望があればご紹介します。

ぜひ普段から資金繰りの管理をしてください。常に数カ月程度先まで管理して、ゆとりのあるうちに取引金融機関から金融支援を受けるようにしましょう。

借入金負担が大きく、赤字続きの企業は、これからの資金調達が困難になるかもしれません。そういう企業ですとノンバンクも難しいことも多く、ファクタリングの利用を検討するかもしれません。

当社はファクタリング会社ではないのですが、時々間違って連絡をしてくださる方がいるので、信用できるファクタリング会社の広告を掲載しています。

しかし、かなり悪質な業者もいますし、良心的な業者でも年利にしたら結構高い手数料ですから、極力利用しない方がいい資金調達手段です。

以前お手伝いした顧問先が、毎月ファクタリングを利用していました。高額な手数料を支払っても何とか経営は継続できていたのですが、金融機関への返済が一向に進まず、ずっとファクタリングに依存する経営から脱却できずにいました。

抜け出すのは大変ですから利用は慎重になさってください。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントをしています。このブログではこれまでの業務で経験したことを書いています。

プロフィール

関連記事