銀行融資

融資を申しむタイミング

タイトルを見て、「融資を申し込むタイミング? そんなのお金が無くなってから申し込むに決まっているだろ」と言われそうです。

結論から申し上げると、手持ち資金が不足してから融資を申し込むのでは、はっきり言って遅いです。

なぜ不足してから申し込んではいけないのでしょうか。

金融機関の立場で考えると、資金が不足して急いでいる融資ほどリスクが高いと考えます。「手持ち資金が枯渇した状況の企業に融資をしても、またすぐ資金不足になるのでは」「返すぐに済不能に陥るのでは」、さらには「資金繰りをしっかり管理できない企業」という印象を与えます。

そんなこと口には出さないかもしれませんが、行職員はこのようなことを思っています。

それに本来、資金が不足するなんてことはあってはいけないからです。そうなる前に手当てをしておかなければならないのです。

資金は企業の血液だといえますから、それが不足するのは人間でいえば死ぬことを意味します。

そうならないよう、資金繰りの見通しを管理しなければならないのです。自社は利益が出ているからと油断してはいけません。「黒字倒産」という言葉もあります。利益の分だけ資金が増加しているわけではありませんから、黒字・赤字関係なく資金繰り管理を徹底しましょう。

急ぎで融資を申し込んで、金融機関が迅速に実行してくれればいいのですが、間に合わない、または謝絶されることだってあります。早めに結果が分かることで、他の金融機関に相談する、リスケジュールをする、他の資金調達手段を探すことができます。

資金繰り表を作成するのは簡単なようですが、やってみるとなかなか難しいように感じるかもしれません。

毎月の利息や返済、人件費、家賃などの固定費はだいたい分かるはずです。売上の入金予想については、業種や各企業によって異なりますから、最初はお近くの専門家の指導を受けてください。

契約書等から今後の受注状況が分かるなら、精度の高い入金予想ができるでしょう。しかし、今後の見通しが予想しづらいなら、過去の売上を参考にしてみましょう。月ごとの売上げ増減が毎年同じような動きをするとし、今期は前期の10%程度減少で推移しているなら、今後も同様に予想してみるのです。精度は低いかもしれませんが、徐々に数字が確定してきた時点で資金繰り表を書き換えてください。

インターネットで検索すれば資金繰り表のフォーマットはいくらでも見つかりますが、難しそうに感じたらご自身で使いやすいものを作成してかまいません。それと完璧な予想を考える必要はありません。「12月に資金が不足するかもしれない」程度が分かればいいのです。

そして、3カ月後に資金不足が発生しそうだとしたら、まだ余裕のある今から資金調達に動きましょう。

なお、金融機関にも資金繰り表を定期的に提出してください。そうすれば金融機関担当者も「3カ月後には資金が不足しそうなのか。なら翌月には融資を提案しよう」となりますし、何よりも資金繰りを管理できる企業としていい印象を与えます。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

営業利益よりも経常利益前のページ

専門家によって異なるアドバイス次のページ

ピックアップ記事

  1. 経営コンサルタント+税理士で御社の経営を支援
  2. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  3. リスケジュールのすすめ
  4. 中小企業も書類作成能力が必要
  5. リスケは経営者が動かないと

関連記事

  1. 銀行融資

    この固定資産本当にあるの?

    貸借対照表には固定資産が計上されているけど、実際には存在しない、そんな…

  2. 銀行融資

    メガバンク1行取引は要注意

    企業数や資金需要の減少から金融機関も融資獲得に苦労しているので、どちら…

  3. 銀行融資

    北陸3県の経営者さん、『福井銀行ビジネス応援ローン「Q-pit」』をご存知ですか?

    福井銀行は4月10日より、預金口座の入出金情報から自動で融資審査を行う…

  4. 資金繰り

    販路開拓は慎重に

    コロナウイルスの影響で減少した売上を少しでも回復させようと、日々努力さ…

  5. 銀行融資

    信用金庫と付き合いたいけど支払利息を少なくしたい

    信用金庫や信用組合は金利が高い経営者であれば利益を1円でも多く稼ぎ…

  6. 銀行融資

    信用保証協会のデメリット

    金融機関の立場としては、中小企業への融資は自行のリスクを回避するために…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 経理業務

    確定申告スタート
  2. ブログ

    健康経営融資
  3. その他いろいろ

    確定申告しました
  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    Cwaveの番組『行政書士杉井の「まだ依頼するな!」』に出演します
  5. 中小企業経営

    計画書作成の意義
PAGE TOP