経理業務

営業利益よりも経常利益

決算書の損益計算書には利益がいくつもあって、上から売上総利益(いわゆる粗利益)、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、税引後当期純利益と並んでいます。

利益ですからどれも大切なのですが、銀行融資については営業利益あるいは経常利益が重要と聞いたことがあるかもしれません。

最終的な税引後当期純利益が企業に残る利益ですけども、特別利益(例、固定資産売却益)や特別損失(例、固定資産売却損・除却損、火災や災害による損失)といった通常の経営活動では発生しない利益や損失により利益が大きく変動する可能性がありますから、それらの影響を受けない営業利益や経常利益が重要というわけです。

営業利益は売上総利益(粗利益)から販管費・一般管理費(給料、地代家賃、水道光熱費、通信費、広告宣伝費等)を差し引いた利益ですから、日々の営業活動で獲得した利益です。したがって、非常に重要な利益ですね。

経常利益は「ケイツネ」と言ったりもしますが、これは営業利益から営業外の収益や費用を加減したものです。

営業外収益の例としては、保険料の解約返戻金、補助金や助成金、それ以外にも本業ではないけど副業のような収入です。当社顧問先だと自動販売機の収入が毎月数千円入ってきます。営業外費用の例としては借入金の利息や割引料です。

多数の中小企業は、金融機関からの資金調達に大きく依存する傾向があります。負債の部には多額の借入金が計上されているのではありませんか。そうなると金融機関に支払う借入金利息は無視できません。したがって、営業利益よりも経常利益を重視するべきです。

しかし、支払利息は毎月発生しますし、先ほどの顧問先の自動販売機収入も多少の変動はあっても毎月入金されますが、補助金や保険の解約返戻金等は毎年発生するものではありません。企業の収益力を見るのなら、それらの偶発的な収入は除いて考えたほうがいいでしょう。

営業利益と支払利息のバランスを見るための重要な財務指標の一つにインタレスト・カバレッジ・レシオがあります。

インタレスト・カバレッジ・レシオ=(営業利益+受取利息・配当金)/支払利息・割引料(倍)

事業利益(営業利益+受取利息・配当金)が金融費用(支払利息・手形割引料)の何倍あるかを示しています。今は預金利息がほぼ0%ですし、配当金をたくさん受け取っている中小企業はそう多くありませんから、「営業利益/支払利息」で考えていいでしょう。「営業利益=支払利息」の時は1倍となりますから、経常利益をプラスにするためにはそれ以上でなければなりません。

また分子は、資金流出を伴わない減価償却費分を足し戻した計算資金を用いることも考えられます(営業利益+減価償却費+受取利息・配当金)。設備投資が頻繁にあり、減価償却費の計上額に変動があるようでしたらこちらを用いるといいでしょう。

このように支払利息を引いた経常利益が中小企業では重要で、もし営業外収入に臨時的な収入が含まれていれば、それらを除いて経常利益がプラスかどうか、借入金の返済が可能かどうかをチェックするようにしてください。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

自社の健康チェックしてますか前のページ

融資を申しむタイミング次のページ

ピックアップ記事

  1. 税理士変更を検討してみませんか
  2. 当社は記帳代行も行っています
  3. 条件変更改善型借換保証
  4. リスケは経営者が動かないと
  5. 経営改善に必要なこと

関連記事

  1. 銀行融資

    コロナの影響が出ても金融機関から連絡がない

    5月に入って民間金融機関を利用した実質無利子・無保証料の制度融資がスタ…

  2. 銀行融資

    預金の動き

    「返済日の前日には入金しておいてください」顧問先がある銀行から…

  3. 銀行融資

    銀行員が営業に来るよう対策を

    規模的にはそれほど大きくないものの、当社の顧問先にみずほ銀行が突然営業…

  4. 経理業務

    粉飾決算が頭をよぎったら

    資金繰りの悩みを聞いていると、かなりの確率で決算書は粉飾されています。…

  5. 銀行融資

    必要な額と理由の説明を

    銀行員:「いくら必要なのですか?」社長:「借りられるだけ借りたい」…

  6. 中小企業支援制度

    災害による被害はどの企業でもあり得ます

    今回の台風19号は大雨による被害が非常に大きく、亡くなった方はかなりい…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、金融機関との銀行融資取引、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区・千葉県市川市より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 経理業務

    年末調整説明会に参加
  2. 中小企業経営

    上場への誘い
  3. 資金繰り

    生命保険の解約 コロナで急増
  4. 中小企業支援制度

    千葉県中小企業復旧支援補助金
  5. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    きらぼし銀行誕生と当社お知らせ
PAGE TOP