資金繰り

ファクタリング利用は慎重に

ファクタリングに関して次のニュースがありました。

共同通信2020年9月28日『「債権買い取りは貸金業」と提訴 ファクタリング業者に返還請求

リフォーム業を営む茨城県の男性が、ファクタリングを利用して資金調達しました。316万円の売掛金に対して手数料名目で81万円支払い、残りを現金で受け取ったとのこと。その手数料は実質的に利息に当たり違法という内容です。

確かに報道内容が正しいとしたら、手数料は高いなと思います。しかし、このファクタリング会社の条件が違法かどうか、これだけでは判断はできません。

ただ、資金繰り問題に悩む中小企業・個人事業主は、ファクタリングのトラブルには注意したほうがいいです。そもそも2者間ファクタリングは原則利用しない方がいいのですが。

資金繰りに困った中小企業は、まず取引金融機関あるいは政府系金融機関に相談するでしょう。しかし、赤字が続き黒字の見込みが立たない、企業規模で見て明らかに借入金残高が多すぎる等の理由で新たな融資が出ないことがあります。

金融機関がダメならノンバンクが次の選択肢に考えられますが、事業性融資を無担保で取り扱う業者が減っているし、融資額もそれほど出ないことが多いのでは。当社に紹介依頼の件でメールをくださるノンバンクがありますけど、ほとんど不動産担保融資です。

金融機関はリスケジュール程度の応援をしてくれるでしょうけど、どうしても資金が必要となればファクタリングの利用を考えてしまうかもしれません。

ファクタリングとは、企業が保有する売掛債権をファクタリング会社に売却することで、当初の入金予定日より早く資金化することができる資金調達方法です。

売掛債権を売却しているので、売掛先の支払い不能に陥った場合のリスクは、ファクタリング会社が負うことになります。手数料はやや高いけど早期に資金化ができて回収リスクを回避できるメリットがあります。

ファクタリングと聞くと、最近は給与ファクタリングが問題になって悪いイメージがあるかもしれませんが、売掛債権を売買する行為は何ら問題ありません。

ただ、3者間ファクタリングは手数料が低いものの、2者間はどうしても高くなります(2者間と3者間の違いについてはこちらを参照してください)。ファクタリング業者も大きなリスクを伴いますからやむを得ないでしょう。それでも最近は手数料が安くなりました。入金が1か月先の売掛金の買取手数料が数年前は20%程度でしたけど、まともなファクタリング会社なら一桁台が多いのではないでしょうか。

しかし、中小企業の弱みに付け込んだ金融会社が増えているのも事実です。ファクタリングと偽っている業者は、例えば売掛債権回収不能リスクを負わないのです。また、何かと理由を付けて手数料が発生しトータルでは高額になることもあります。

すぐに資金が欲しいと焦っているタイミングであっても、複数のファクタリング会社を比較検討する、(難しいかもしれないけど)契約内容をよく確認する必要があるでしょう。また次の2社は安心できるファクタリング会社だと思います。

OLTA株式会社は、一部金融機関とも連携してファクタリングを提供している企業です。GMOペイメントゲートウェイ株式会社は、東証一部上場企業です(GMO BtoB 早払い(ファクタリング)【手数料業界最安水準1.0%~】)。どちらも手数料は他社より低いですし安心感はあるでしょう。

また、金融庁でも注意喚起をしているので、なんとなく不安でしたら相談してもいいと思います。金融庁HP「ファクタリングに関する注意喚起」をご一読ください。

ただし、いくら手数料が安くなったとはいえ、年利で見たら安いものではありませんから、積極的な利用は控えて欲しいと思います。本当にやむを得ない場合だけにしましょう。資金繰りの管理をしっかり行い、資金ショートが数か月後には発生する危険性があるのなら、直ちに金融機関から資金調達するよう行動しましょう、それが無理ならリスケジュールをさせてもらい資金繰りの安定を図ってください。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

経営計画書を作成しませんか前のページ

自社の健康チェックしてますか次のページ

ピックアップ記事

  1. リスケジュールのすすめ
  2. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  3. 税理士変更を検討してみませんか
  4. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  5. 会社の健康診断をしていますか

関連記事

  1. 資金繰り

    リスクを取っても融資をする日本政策金融公庫

    日本政策金融公庫(以下、公庫)は、株式の100%を政府が保有する金融機…

  2. 資金繰り

    9月以降の資金繰りはしっかり管理を

    昨日からお仕事という企業が多いと思います。当社は先週も営業時間を短くし…

  3. 資金繰り

    ネット上の情報は参考程度に

    売上が激減している、あるいは資金繰りに困り融資を検討している企業の経営…

  4. 資金繰り

    自社の資金繰りが良くならない

    損益計算書上はどんなに利益が出ていたとしても、資金が無くなってしまえば…

  5. ブログ

    役員報酬

    役員報酬については、以前のブログでも書きましたが、再度ここで書かせてく…

  6. 資金繰り

    銀行融資以外の資金調達方法

    コロナウイルスに関連した融資については、このブログでも書いていますよう…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、金融機関との銀行融資取引、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区・千葉県市川市より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 資金繰り

    ノンバンク
  2. 中小企業経営

    別の事業に手を出したい
  3. 経理業務

    貯蔵品に計上
  4. 中小企業経営

    その経費、削減しても大丈夫?
  5. 資金繰り

    売上債権の回収不能に備える
PAGE TOP