関係が悪化した税理士を替えませんか

今まで積極的に粉飾決算の手伝いをしてきたのに、かなりの粉飾規模になってしまったことが不安になったのでしょう、税理士が顧問先企業を見捨てるケースに今年は3件出会いました。

これまで文句も言わずにやってきたけど、突然「社長、あなたのやっていることは犯罪だから」とか「(もう銀行には粉飾がバレているのに)これ以上の粉飾はよくないですよ」と言ってきます。

それなら、今期は正しい決算書にして申告をしたいと言うと、これまでの粉飾が明らかになるのが嫌なのでしょう、「それはやらないほうがいいのでは」と言ってくるのです。

それで困った経営者が「どうしたらいいでしょうか」と相談に来られたのです。今後は粉飾をしない約束で、当社と提携税理士で経理をお手伝いすることにした企業が1社あります。残り2社もお手伝いをさせていただくことになりそうです。

税理士も顧問先の獲得に苦労しているでしょうから、多少ならと応じてしまうのは仕方がないかもしれません。しかし、それは顧問先への正しい支援とはいえないでしょう。

これをお読みの経営者さんで、顧問税理士にかなり無理をさせて関係が悪化しているようでしたら、税理士を替えてみませんか。

当社では提携している税理士が3名いますからお役に立てるかもしれません。

・金融機関に粉飾決算を疑われているのか融資が厳しくなってきた
・粉飾決算をやめて正しい経営をしたい
・顧問税理士との関係がギクシャクしている

このような時は税理士を替えるいいタイミングかと思います。特にリスケジュールを依頼する際は、金融機関には粉飾を伝えなければなりません。

粉飾決算は経営者に責任があります。しかし、軽い粉飾なら「新しい税理士に自社の決算書を見てもらったら誤った処理があった」、旧税理士が積極的に関与していたならば「不適切な処理とは知らずに税理士に任せてしまった」と多少は言い訳もできますし、それを改めるために税理士を替えたと言えます。

税理士との関係が悪化している、粉飾決算を何とかしたい、そういうご相談にはこれまですべて対応してきました。お悩みでしたら一度ご相談ください。

その際は、ネットからでしたらお問い合わせフォームを、電話(047-379-9508)の場合は電話秘書会社の女性が出ます。その方に粉飾のことを伝えたくなければ、経営の事で相談したいことがあるとだけお伝えください。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントをしています。このブログではこれまでの業務で経験したことを書いています。

プロフィール

関連記事