厳しいアドバイスこそ大切

昨年10月から消費税率10%への引上げ、今年は新型コロナウイルス、それに昨年も今年も台風や大雨等の自然災害も多いです。それらによって資金繰り悪化や売上減少と、将来に不安を抱える中小企業経営者は少なくありません。

景気悪化や中小企業支援策が多い時は、経営者には悪い人たちが近づいてきます。

持続化給付金の不正受給がニュースになっていますけど、そういう話を私の周りでも聞きますし、融資関連で中小企業を食い物にしようとする悪質なコンサルタントが増えます。

持続化給付金については、知り合いの経営者に売上を意図的に減らしての申請をアドバイスしている中小企業診断士がいますし、融資についても事前に手数料が必要だなどと言ってお金を騙し取る、法外な手数料を要求するケースもありました。

さらに、これから年末にかけて資金繰りが苦しいものの、新たな資金調達が難しいと考えられる中小企業に、粉飾決算による資金調達を提案してくる士業やコンサルタントがいるかもしれません。

資金繰りが苦しいからそれを何とかしたい考えは理解できますが、結局は一時的な効果しかありません。最終的にはそれらを提案・実行し、高い手数料を取る者が儲かるだけなのです。

ちなみに、今までかなり大がかりな粉飾決算をした企業にはたくさんお会いしてきましたけど、そこから再生したのは1社だけです。

また、経営の事で疲れている経営者さんは、自社のためとはいえあまり厳しいことは言われたくないかもしれません。だから楽な方法あるいはやさしいアドバイスに耳を傾けがちです。

しかし、それでは自社の経営は一向に良くなりません。経営者の意に反する提案や、耳の痛い提案をしてくるコンサルタントこそ、自社のため働いてくれるアドバイザーだと思って欲しいのです。

コンサルタントも経営者から報酬を貰うと考えてしまうと、あまり厳しいことが言えなくなってしまう方がいます。経営者も「お金払っているのに何で嫌なこと言われなきゃいけないのだ」と考えてしまう方が少なくありませんが、これでは経営改善は進みません。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントをしています。このブログではこれまでの業務で経験したことを書いています。

プロフィール

関連記事