資金繰り

支払手形をやめる

手形取引はかなり減少しましたけど、業歴のある企業が手形や小切手を振り出すことはありますし、業種によってはまだ利用されています。

仕入先への支払いに手形を振り出すことは、それだけ支払日を延ばすことができますから、資金繰り改善につながります。資金調達の1つともいえるでしょう。

ご存知でしょうが、支払手形の不渡りで企業は倒産しますが、金融機関からの借入金では倒産しません。

詳しく申し上げると、一度目の不渡りが発生すると、全金融機関にその情報が共有されてしまい、さらに6カ月以内に二度目の不渡りが発生すると、銀行取引停止の処分を受けます。金融機関とは当座預金取引ができなくなりますし、融資も受けられなくなります。事実上の倒産に追い込まれることに。ただし、一度でも不渡りを出すと信用力を失いますから、今後の経営は難しくなっていきます。

金融機関は返済を(絶対とはいえないけど)待ってもらえますが、取引先が手形ジャンプに応じてくれるとは限りません。不渡手形を出さない方法は簡単です。支払手形を出さないことです。

手形をやめて現金払いにすることは、取引先にも次のメリットがあります。

まず早期に支払ってもらえるわけですから資金繰りは楽になります。資金繰りが改善し金融機関からの借入金が減らせますから金利負担がなくなります。

次に現金払いなら不渡りのリスクがなくなりますから、リスク相当分の金利を軽減することができます。

最後に取引先は受取手形を割り引いていれば、その分の割引枠が空くメリットがありますし金利負担も減ります。

したがって、支払手形をやめることで値引き交渉がしやすくなります。仮に年間1億2千万円(月1千万円)の仕入れが発生し、支払手形が毎月1千万円発生、支払い条件が3カ月としましょう。

これをすべて現金払いにすることで、たとえ1%でも値引きが達成できれば120万円の削減ができます。

支払手形に相当する3千万円を金融機関から資金調達した場合、金利が1%なら30万円、もう少し高い2%でも60万円です。120万円の削減分と支払利息の差額が自社の利益となります。

このように倒産リスクを軽減しながら利益を出すことも可能となるのです。

お付き合いされている金融機関に、収益力改善のために資金を出してくれないか相談してみましょう。効果が大きければそれだけ収益力が改善されますから、企業と金融機関双方にメリットのある融資となります。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

札勘の仕方前のページ

4連休中の経営相談受付中次のページ

ピックアップ記事

  1. 経営改善に必要なこと
  2. あきらめずにぜひご相談を
  3. 中小企業も書類作成能力が必要
  4. 今の経営で大丈夫ですか?
  5. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク

関連記事

  1. ブログ

    今年もあと2ヶ月です

    今日は11月1日です。今年もあと2か月となりました。&nbsp…

  2. 資金繰り

    新型コロナウイルス感染症を踏まえた金融機関の対応事例

    金融庁は3月27日、新型コロナウイルス感染症を踏まえた金融機関の対応事…

  3. ブログ

    4月から見直された信用補完制度がスタート

    このブログでも以前ご紹介しましたが、見直された信用補完制度が平成30年…

  4. ブログ

    異なる都道府県の信用保証協会を利用できるか

    信用保証協会に関係した質問でよくあるのが、会社を移転すれば、移転先での…

  5. 資金繰り

    お金を借りるということ

    金融機関からお金を借りるということは、本来、借りたお金を元手に商売をし…

  6. 資金繰り

    12月の資金繰りは大丈夫ですか

    早いもので今年もあと1ヶ月を切りました。今日は12月3日です。…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 中小企業支援制度

    新型コロナウイルスの影響
  2. 金融機関に関するニュース

    金融検査マニュアル廃止
  3. 銀行融資

    半年に1回のモニタリング報告
  4. 資金繰り

    保険を利用した節税には注意を
  5. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    近代セールス2019年8月15日号に執筆記事が掲載されました
PAGE TOP