千葉県は創業保証が増加

信用保証協会は全国にありますが、金融機関や保証制度ごとの保証件数や金額の実績等を公表しています。

昨日、千葉県信用保証協会のマンスリーレポートを読んでいました。その中に保証制度ごとの保証件数や金額等が掲載されています。こちらで読むことができます。

例えば5月は保証件数7,945件のうち約7割が新型コロナ対応資金でした。現状を考えればこれは当然のことでしょう。

しかし、意外なことに創業資金も増えていました。今期は前期比を上回っています。4月は43件202,160千円、5月は36件191,100千円、6月は58件308,070千円、7月は37件236,700千円、7月までの累計は174件で938,030千円、前年比で120.9%です。

もともとコロナウイルス関係なく起業する予定だった、あるいは給与の減少やリストラを機会に起業する方もいると思います。

確かに今までとは異なる生活様式や働き方、世の中が変化するときはチャンスでもあります。また、先日お会いした経営者さんとも話したのですが、良い物件を借りやすくなってきたともいえますから、逆にチャンスと捉えることもできるでしょう。

廃業が増加していますし、政府も創業支援に力を入れてくるでしょう。それに人命は確かに大切ですが、やはり経済を立て直しにも力を入れてくるはずです。

ただし何も考えずに、勤め先からリストラされた、給料が減った、だけの理由で起業するのはリスクがあります。やはり多少でも準備をして欲しいと思います。

できれば創業前に取引先を確保できないでしょうか。起業してから顧客開拓を始めたものの、予想以上に苦労してそのうち資金が底をついた、そもそもそのサービスの需要がなかったというケースがこれまでに何度もありましたから。

当社に創業関係で相談に来られる方は間違いなく、他で断られた、匙を投げられた方が多いのですが、取扱商品やサービスについて話を聞いてみると、「顧客開拓が相当難しそう」「面白い技術を持った製品だけど誰が買うの?」「値段が高すぎる」「今の時代、誰がこれを買うの?」というものばかり。

実際、本業での売上が立たずに廃業した方もいますし、取扱いサービスを変更してようやく軌道に乗った企業もありました。

起業する前にぜひ一度はお近くの専門家に相談してください。創業融資だけの専門ではなく、経営全般に詳しい専門家です。

報酬や顧問料が欲しいからと良いことばかり言ってくる方ではなく、厳しいことも言ってくれる、リスクが高いなら起業を今回は見送るぐらいのアドバイスする方がいいでしょう。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントをしています。このブログではこれまでの業務で経験したことを書いています。

プロフィール

関連記事