銀行融資

金融庁が20事務年度の金融行政方針を公表

■2020事務年度の金融行政方針が公表

金融庁は8月31日、2020事務年度(20年7月1日~21年6月30日)の金融行政方針を公表しました。

この金融行政方針というのは、これからの1年間、金融庁が金融機関に対して何を求め、どのような手法で実施し実現していくのかを示したものです。

「コロナと戦い、コロナ後の新しい社会を築く」と題し、①新型コロナウイルス感染症への対策とコロナ収束後の経済回復に向けた対応、②日本の金融資本市場の機能強化や国際競争力の強化、③金融庁自身の組織改革、この3点を重点施策としています。

私たち中小企業に直接関係するのは①でしょう。コロナ禍において、金融機関による企業の資金繰り支援は今まで以上に重要なことは間違いありません。

コロナウイルスが感染拡大した頃、信用保証協会の保証(セーフティネット保証4号・5号、危機関連保証)を利用した融資、あるいは日本政策金融公庫からの資金調達が中心でした。

しかし、プロパー融資や信用保証協会による保証付き融資等を適切に組み合わせて、企業の要望に応えているか、特別ヒアリング等で確認することとし、さらに資本性借入金等を活用し、経営改善や事業再生支援に取り組むよう、金融機関に対応を促します。

これまでは、とりあえず取引先企業に対して保証協会付き融資で支援したけど、今後は一歩踏み込んで、自分たちもプロパー融資を出しながら、経営改善や事業再生を支援していきましょうと言っているのです。

取引先企業の再生を支援といっても、金融機関も悩むケースが多いかもしれません。そこで企業経営者は、9月4日のブログ(コロナ禍で金融機関に説明すべきこと)にも書きましたが、自社の財務データだけでなく、経営改善の取り組みについても報告するべきでしょう。

■多くの情報を提供してください

コロナウイルスで経営を悪化させている業種といえば、飲食業がその一つに挙げられると思います。

金融機関の取引先に飲食業は多いのですが、聞くところによると返済不能や廃業相談は増えているようですし、夜逃げも増えているのではないでしょうか。テレビでも夜間の営業自粛について、飲食店の苦しい経営が放送されています。

そのため、金融機関側としては、飲食業はリスクのある業種と見るかもしれません。取引のない企業からの相談ならセーフティネット保証4号のみの取扱い、取引先からでもそれに近い対応に徹する金融機関も多いでしょう。

そんな対応に、「飲食業といってもうちは結構頑張っている」という経営者さんもいると思います。

一般社団法人日本フードサービス協会は、協会会員社(214社)を対象とした「外食産業市場動向調査 令和2年7月度」を8月25日に発表した集計結果がこちらです。

※一般社団法人日本フードサービス協会HP「外食産業市場動向調査2020(令和2)年7月度結果報告」より

7月の全体売上高は、前年同月比では85.0%にとどまるものの、6月の同78.1%からは回復しています。

先日面談相談でお会いした経営者さん(ファストフード)もかなり回復してきたとおっしゃっていましたし、飲食業を営む顧問先(ファミリーレストラン)でもほぼ回復して利益を出しています。

しかし、よく見るとパブ・ビアホール、居酒屋の落ち込みが依然として深刻です。ファストフードはランチなどで利用する機会は多いでしょうし、テイクアウトもできます。ファミリーレストランは、自粛疲れもあるし、家族でたまには食事をすることも増えたと思います。しかし、居酒屋は会社内で飲みに行く機会や接待が減っているでしょう。

このデータのように飲食業といっても様々です。取引金融機関からの支援を受ける際は、そのような資料を試算表等に追加し、自社が同業他社よりも回復が早いことを説明しましょう。審査の参考となる材料を多く提供するのはいいことです。

自社の経営に関する情報を極力出したくないと考える経営者は多いのですが、主張したい、知ってもらいたいことがあるのなら逆に出すべきです。

これは飲食業に限らずどの業界でも、公的機関や各業界団体から出されている資料があれば、ぜひ提出しましょう。比較した資料よりも良ければそれは強い材料になりますし、逆に悪ければ何が問題なのか、そこからどう改善に取り組めばいいのか明らかにしたうえで実行することを説明します。

支援しようと前向きな担当者が優秀な行職員なら、多くの情報を提供した方がいいのです。たとえそれが悪い情報であっても、上手く利用して稟議書を書いてくれますし、経営改善や事業再生支援が行いやすいのです。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

コロナ禍で金融機関に説明すべきこと前のページ

売掛金は管理できていますか次のページ

ピックアップ記事

  1. 融資を受けるために必要な資料
  2. 今の経営で大丈夫ですか?
  3. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  4. 条件変更改善型借換保証
  5. 認定支援機関の活用

関連記事

  1. 銀行融資

    金融機関の対応が遅い

    皆さんがお付き合いされている金融機関の担当者はどんな人ですか。年数回し…

  2. 中小企業経営

    重要なのは経営者からの説明

    コロナウイルスで売上が前年同期比で減少したら、セーフティネット保証等を…

  3. 中小企業経営

    売上計画は保守的に

    ・リスケジュールするのに経営改善計画書を提出したい・最近業績が悪化…

  4. 銀行融資

    粉飾決算を伝える方法

    当社のホームページでアクセス数が多いページの一つが、「粉飾決算に手を出…

  5. 銀行融資

    借換えの提案

    小規模企業なら取引金融機関が1行だけということもありますが、通常は複数…

  6. ブログ

    納税資金

    企業の決算月というと3月が最も多いです。3月決算の企業を経営している社…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. ブログ

    年末調整が近づいてきました
  2. ブログ

    専門家に騙されたというご相談
  3. ブログ

    銀行融資の裏技
  4. 銀行融資

    今日から11月
  5. 起業(創業)

    銭湯経営希望者向け融資「ツナグ」
PAGE TOP