住宅ローン返済が困難なら

コロナ禍で住宅ローン返済が困難になる件数は増えています。

経営者は自社がコロナウイルスで売上減少や資金繰りが悪化し、自身の役員報酬を思う様に受け取れないケースが増えていると思います。遅れてでも受け取れればいいですが、最近数カ月はほとんど受け取れていない経営者もいらっしゃるかもしれません。

中小企業の経営者は、どちらかというと見栄っ張りな方が多い。だから、自宅を購入するときは経営が順調で、これからさらに成長するだろうからと、多少無理してでも予算オーバの家を購入することが少なくありません。

これから子供の教育費にもお金がかかるというのに、多額の住宅ローンを組んで立派な家を購入します(もちろんそうでない人もいますけど)。

でも経営者をやってみると分かりますが、順調な経営なんて続きません。

私が以前付き合っていた社長は、年収3,000万円ぐらいあったとき、鎌倉市に豪邸を購入しましたが、5年もせずに売上が半減し手放すことに。

金融機関では、中小企業だけでなく、住宅ローンの返済が困難になっている方の相談も受け付けています。

この図表は金融庁のホームページに公表されている、住宅ローンの条件変更申し込みと承認件数や承認率になります。

※金融庁HP「金融機関における貸付条件の変更等の状況について」の銀行分より

ここからもわかるように申込み及び実行件数はともに増加傾向です。

ここでは載せていませんが、謝絶されている件数は非常に少ないですし、もし半年程度でも減額してもらえると助かるようなら、そちらも相談された方がいいでしょう。

当社顧問先でも、自社の借入金に加え、住宅ローンも半年間、返済をストップしてもらっています。延滞するぐらいなら金融機関に相談してください。

また、これからも返済は問題ないが、今借りている住宅ローンの金利がやや高いから、借換えをしたいとお考えの方もいると思います。

低金利競争が進み過ぎて、住宅ローンは金融機関にとってあまり儲からない商品ではあります。金利で来る顧客は金利で出ていくからと、あまり住宅ローンの低金利競争には参加しない金融機関が一部にはありますが、それでも借換えを獲得するところが多いですから、一度連絡してみるといいですし、そのような借換えによって支払総額を軽減するサービスを提供している企業があります。

忙しいようでしたら、そのような企業のサービスを検討してもいいでしょう。

安心×確実×手間なしの「住宅ローン借り換えセンター」

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントとして、これまでの経験や学んだことを書いています。

プロフィール

関連記事