別の事業に手を出したい

今やっている事業が思う様に行かないと、他の事にも手を出してみたいと考える経営者は少なくありません。「複数の事業があればリスクが分散されるだろう」という考え方は理解できないわけではありません。

売上が伸び悩んでいる中、さらに新しいことを始めれば、売上増加が期待できそうですから。

コロナウイルスの影響で売上が減少しているため、こういうご相談をしてくる経営者は多いです。

利益を生み出してくれる事業をいくつも作り出すことで、経営の安全性は一段と高まりますから、調子の悪いときにそう考えたくなるのも当然かもしれません。

しかし、今まで見てきた企業だけで申し上げると、そうはなっていないことがほとんどです。むしろより経営が悪化する結果に。

そもそも本業に本気で(あるいは正しく)取り組んでいない、経営改善を怠っている、そんな状況で他の事業に手を出すのですが、片手間にやっているから新規事業はうまくいきません。それではと、経営資源をそちらに振り分けて本腰を入れると、その影響で今度は本業が悪化していきます。

それと本業とは全く無関係の事業に手を出したがりますから、どうしても新規参入が容易なものが多くなり、競争が激しいので上手くいきません。

今まで上手くいった例を思い出してみると、
・大手企業のキャンペーンサイトを制作していた企業が、キャンペーンの事務局を代行
・トリミングを行っている企業が子犬を販売
・製薬会社が医師向けの新たな製品を開発販売
これまでの顧客や商品・サービスに関連したものばかりです。

失敗した例としては
・建設会社が幼児の電動おもちゃ販売
・運動用具の販売会社が電化製品の販売
・携帯電話やスマートフォンを取り扱う企業がインテリア雑貨の販売
・イベント会社が飲食店経営
こちらはどれもこれまでの商売とは無関係のものに手を出していました。

これまでの商品や顧客と無関係の分野に手を出しても、上手くいくケースはあるかもしれませんが、それはかなり稀なことです。

それにうまくいった企業は、事前に調査等準備をしっかり行っていましたし、新規事業を行う人材と資金は確保されていました。

したがって、「業績が悪化してきたから他の分野に出てみようかな」という軽い気持ちではうまくいかないと考えましょう。それよりもまずは本業がうまくいっていない原因を突き止め、問題を解決していくほうが成功可能性は高いのではないでしょうか。そしてそこから、新たな事業のネタが出てくるかもしれません。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントとして、これまでの経験や学んだことを書いています。

プロフィール

関連記事