銀行融資

融資が出ない時は理由を確認

企業から金融機関に融資を申し込んでも謝絶されることがあります。担当者から「お役に立てず申し訳ありません」と言われたら、皆さんは何と答えていますか。おそらく「そうですか。分かりました」程度ではないでしょうか。

ぜひ、なぜ謝絶されたのかその理由を聞くようにして、間違っても怒って「もう銀行の世話にはならない」と帰らないようにしましょう。

「赤字が続いているから」といった理由ならすぐには解消できませんが、それ以外なら改善することで早期の資金調達が可能かもしれません。また、理由を聞いてしばらく融資は期待できないことが明らかになれば、リスケジュールによる資金流出を抑える選択をすることができます。

融資の申請に対して、金融機関は企業の財務内容、外部環境を含めた今後の見通し、借入金残高、担保の有無、金融機関との取引内容、金融機関の融資方針等を含めて判断します。今後のためにもどこに問題があるのか謝絶理由を聞いて、経営改善を実行することが大切なのです。

しかし、理由をはっきり言わない金融機関もあります。「総合的に判断して・・・」という言葉を聞いたことはありませんか。

「総合的に判断して今回はお断りさせていただきました」、これは謝絶理由をはっきり言うことで関係がぎくしゃくし、今後の取引に影響が出ることを懸念するためが考えられます。

審査をしていないこともあります。すでに金融機関として融資謝絶の方針で決まっている、担当者が案件を抱えたままで何もしておらず、言い訳として使ったりすることもあります。

個人情報を理由に言えないこともありました。以前の顧問先で取締役の一人に金融機関取引で問題のある方がいました。その時、取引金融機関はあいまいな返事をしていましたから。

担当者から「おたくには融資できない。なぜなら、〇〇だからだ」と言われるとショックを受けてしまう経営者もいるでしょうが、やはり今後の資金調達のためにも理由は知りたいものです。

ぜひ「総合的ではよく分からないので具体的に教えてください。それを改善するための経営をして融資を受けられるようにしたいので」と伝えてください。

そう言われたら、通常なら丁寧に教えてくれると思います。というのも、金融機関は融資を謝絶した場合、その理由を具体的に説明する義務があるからです。

金融庁は金融機関に対し、「中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針」に基づいた監督・指導をしており、その中で次のように書かれています。

Ⅱ-3業務の適正性
(5)取引関係の見直し等の場合の対応
②顧客の要望を謝絶し貸付契約に至らない場合
これまでの取引関係や、顧客の知識、経験、財産の状況及び取引を行う目的に応じ、可能な範囲で、謝絶の理由等についても説明する態勢が整備されているか。

・例えば、長期的な取引関係を継続してきた顧客に係る手形貸付について更なる更改を謝絶する場合、信義則の観点から顧客の理解と納得が得られるよう、原則として時間的余裕をもって説明することとしているか。

・例えば、信用保証協会の保証付き融資について、営業上の判断に即した本来の説明を的確に行うことなく、平成19年10月より「責任共有制度」が導入されたことを口実として融資を謝絶するといった不適切な対応を行っていないか。

 

もし、納得いく説明が得られないのでしたらこの内容を伝えてみましょう。おそらくそれで応じてくれると思います。しかし、それでも不誠実な対応であったら、「金融庁に聞いてみる」という発言が有効かもしれません。

ただ多くははっきり言うことで経営者を傷つけない、トラブルになりたくないという心理からも多いと思います。だからこそ冷静になって対応してください。

今後の経営改善に活かすためにもその理由を知りたい、資金繰りを考える上でも融資の可能性があるのか知りたい、と伝えればしっかり教えてくれると思います。

これから思うように融資が受けられない中小企業は増加するかもしれません。だからこそ金融機関からもアドバイスをもらい、教えてもらった内容から、どのような経営を目指していけばいいのか参考にしましょう。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

これからの資金繰り見通し前のページ

持続化給付金は対象外でも次のページ

ピックアップ記事

  1. 融資を受けられない中小企業様へ
  2. 中小企業も書類作成能力が必要
  3. 税理士変更を検討してみませんか
  4. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  5. あきらめずにぜひご相談を

関連記事

  1. 資金繰り

    信用保証協会に頼らない経営を

    中小企業(特に小規模企業)であれば銀行からの資金調達では、信用保証協会…

  2. 中小企業支援制度

    セーフティネット保証5号の追加指定

    新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、影響を受けている業種が増加したこ…

  3. 資金繰り

    栃木銀行から短期継続融資の提案

    みなさんの会社が金融機関から融資を受ける場合、証書貸付による資金調達が…

  4. 銀行融資

    信用保証協会はどの金融機関で使うべき?

    「信用保証協会の保証枠はメインバンクで使え」と言われたことがある経営者…

  5. 銀行融資

    資金使途違反に注意

    金融機関は企業から融資申し込みがあると、必ず「何にお使いですか?」と資…

  6. 銀行融資

    企業のマイナス情報と銀行融資

    当社は8月決算で10月末までに申告する必要がありますから、同じ8月決算…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 中小企業経営

    経営のセカンドオピニオン
  2. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    近代セールス2021年5月1日号に執筆記事が掲載されました
  3. 中小企業支援制度

    早期経営改善計画策定支援事業を利用してみました
  4. ブログ

    意外と知られていない信用保証協会の事
  5. 銀行融資

    企業は金融機関に貸す立場でもある
PAGE TOP