名古屋銀行の水害対策融資

今年の梅雨は大規模な水害が発生しています。今月上旬には九州の球磨川、そして最近は山形県の最上川が氾濫しました。

昔から水害はありましたが、何十年に一度の大雨というのが最近多いですよね。地震や強風で建物が損壊するのもダメージは大きいですが、水害では建物だけでなく中の商品や原材料、機械や車両等の設備にも大きな影響を与えかねません。

名古屋銀行は、地元企業の自然災害リスク対策支援の一環として、「水害対策融資(元本免除特約付)水害あんしんローン」の取扱いを今日7月30日より開始しました。

「水害対策融資(元本免除特約付)水害あんしんローン」の概要
・取扱開始日:2020年7月30日
・資金使途:運転資金
・融資金額:30,000千円以上(10,000千円単位)
・融資期間:3年
・返済方法:期日一括返済
・融資利率:所定の金利
・特徴:次の3つの特徴があります。
(1)当行が指定する観測地点のうち、顧客が予め定めた観測地点において、規定以上の降水量(連続する2日間の日降水量の合計)が発生した場合に、予め定めた割合(100%または50%)で元本が免除される特約が付与された商品です。
(2)大規模な豪雨発生による直接被害、間接被害の有無を問わず、規定以上の降水量発生により借入元本が免除されます。
(3)借入元本の免除部分については債務免除益となり、水害による財務面への影響を抑える効果が期待できます。
・その他:本商品は募集形式で取扱いを開始し、融資実行日を2020年9月下旬に定めて募集します。

 

震災発生に関する融資なら、七十七銀行や広島銀行での取り扱いを見たことがありますが、水害対策融資は初めてかと思ったら、すでに伊予銀行や広島銀行等でも取り扱いがありました。

金利以外にも観測地点ごとに設定した取扱手数料も発生しますが、保険料みたいなものと考えることができますし、利益が出ている企業なら多少の節税にもなります。他行でも取扱いが始まるかは分かりませんが、取引金融機関で取扱いが始まり、かつ水害リスクがあるのなら検討したい商品でしょう。

この融資商品の詳細は「水害対策融資(元本免除特約付)水害あんしんローン」を参照してください。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントとして、これまでの経験や学んだことを書いています。

プロフィール

関連記事