「誰にも言うな」はあやしい

終戦後、GHQが占領下の日本から資産を接収し、それが現在でも秘密に運用されていると噂されるM資金、いまだにそんなものに騙される人がいるようで、連休前のニュースにありました。

M資金詐欺 男性から28億円詐取疑いで再逮捕  2020年7月22日 産経新聞

この報道によると約20人が被害に遭ったとのことです。

実は昨年、当社顧問先が「M資金で私を騙そうとしている男から連絡があったので、騙されたふりをして話聞いてきます」と嬉しそうに言っていましたから、逮捕された犯人たち以外にもいるようです。

ターゲットとなった企業に多額の資金提供をちらつかせ、そのためには見せ金や仲介手数料等が必要だと言って振り込ませます。もちろん、その後に姿を消してしまい資金は得られません。

M資金は秘密の資金ということになっているので、面談は1対1、他人に話してはならないと念押しされるそうです。

詐欺師は誰にも相談しないように言ってきます。約15年前、私にネットワークビジネスで大儲けができると誘ってきた人も、「こんなにすばらしいビジネスですが、新しいゆえに胡散臭いと感じてしまう方が多いのです。今は日本に仏教が広く浸透していますけど、日本に持ち込まれた時、反対する人が多かったですよね。それと同じです。だから絶対にご家族も含めて誰にも言わないでください」とか言っていました。私はどうやって騙すのかに関心があったので、騙されたふりをして聞いていましたけど、一緒に説明を聞いていた男性(司法試験何度も失敗した早稲田大学卒業)は、そのビジネスを始めると言っていました。

今回はM資金でしたけど、その言葉はかなり知られていますから、別の融資や出資の話で近づいてくるかもしれません。

コロナウイルスで被害を受けた経営者は多いですから、資金面で支援するなどとうまい話をする詐欺師がいないとも限りません。次のような内容で近づいてくる人がいたら注意してください。

・権力者を通して金融機関などに口利きをする
・融資が受けられる決算書を作ってあげる
・融資あるいは出資で支援します

どんな内容であっても、絶対に一人で考え判断しないことです。「他人には絶対に言うな」と言われても、家族あるいは顧問契約している専門家、信頼できる金融機関には相談しましょう。決して恥ずかしいことではありませんから。

お金の話で「誰にも言うな」「口外するな」は要注意です。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 


市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントとして、これまでの経験や学んだことを書いています。

プロフィール

関連記事