経理業務

特別損失への計上

今年の梅雨は大雨によって甚大な被害が発生しましたが、日本では毎年のように大雨、台風、地震等の自然災害が発生し、店舗、工場、その他設備が被害を受けるケースは少なくありません。

設備だけでなく商品や原材料等も被害を受けた企業もあるかもしれません。

経済産業省や中小企業庁では、「令和2年7月3日からの大雨による災害関連情報」で支援策を公表しています。

このように、企業活動では通常発生しない損失は、損益計算書の特別損失として処理することになります。

自然災害による損失に加えて、固定資産の売却による損失、固定資産の廃棄・処分した際の除却、盗難等犯罪に巻き込まれた際に発生した損失も特別損失に計上します。

通常の企業活動では発生しない損失は、必ず特別損失に計上してください。

金融機関が重視する利益は営業利益あるいは経常利益です。損失を売上原価や販管費に計上してしまうと、それら重視する利益が減少します。融資審査に影響しますから、特別損失に計上すれば、「特殊な損失が発生したために最終利益は赤字になりましたが、営業利益には影響がでていません」と説明ができます。また、金融機関も、特殊要因で赤字になったけど、収益力に問題はないと通常見てもらえます。

特別損失があるのですから逆に特別利益もあります。これも一時的なものですから、企業の実力により獲得した利益とはいえません。したがって、経常利益が赤字で特別利益によって最終利益が黒字になっても、金融機関はプラスに評価することはありません。

災害等により設備が損害を受けたら特別損失に計上するのですが、よく商品等棚卸資産が被害を受け販売できなくなってしまった、ということもあります。

それを売上原価のところで処理している企業があります。するとその分だけ粗利が減少し、収益力が落ちることになります。金融機関の評価にも影響しますから、もし被害を受けたらその分だけは特別損失に計上してください。

なお、特別損失に計上する場合は、税務署や税理士にも確認してください。被害を受けたことが分かるよう設備や棚卸資産の写真を撮っておく、廃棄処分を業者に依頼する際も、見積書や請求書に処分する内容を詳細に記してもらうなどしておくと、後で税務調査があっても問題になることはないでしょう。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

早期解消が難しい貸付金前のページ

近代セールス2020年8月1日号に執筆記事が掲載されました次のページ

ピックアップ記事

  1. あきらめずにぜひご相談を
  2. 認定支援機関の活用
  3. 経営コンサルタント+税理士で御社の経営を支援
  4. 会社の健康診断をしていますか
  5. 融資を受けるために必要な資料

関連記事

  1. ブログ

    平成30年1月からのセーフティネット保証5号の対象業種が公表されました

    平成30年1月1日から平成30年3月31日までのセーフティネット保証5…

  2. ブログ

    これからも続く地方銀行統合の動き

    地方銀行に対して、金融庁は2年位前から銀行経営陣に対して今後の銀行経営…

  3. 資金繰り

    「リスケ中でも融資出ますか?」

    「融資が受けられるか」というご相談の中には、やはりというかリスケジュー…

  4. ブログ

    借入金利が上昇する可能性

    超低金利時代の影響もあり、低金利での資金調達ができている中小企業も多い…

  5. ブログ

    お金の管理は他人任せにしない

    普通の感覚を持った経営者には信じられないかもしれませんが、当社はお金や…

  6. 銀行融資

    増加する日本政策金融公庫と民間金融機関の協調融資

    民業圧迫から民業補完へ日本政策金融公庫(以下、公庫)や商工組合中央…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 銀行融資

    融資を申しむタイミング
  2. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    近代セールス2019年5月15日号に執筆記事が掲載されました
  3. ブログ

    巣鴨信用金庫と融資取引のある経営者さんへ
  4. 中小企業経営

    融資スタンスが変わり始める
  5. ブログ

    銀行員と喧嘩
PAGE TOP