経理業務

早期解消が難しい貸付金

顧問先を訪問して会計データをチェックしていると、従業員への貸付金処理を見かけます。

コロナウイルスが影響しているわけではなく、たまたま(ちゃんと給料支払っているのに)金遣いがあらい、無職の期間が長く借金がある従業員が原因です。ただ、そのようなケースなら貸付金もそれほど多額にはならないことがほとんどです。

しかし、多額の貸付金を計上している企業も稀に見かけます。

そのような貸付金が発生する原因の多くは、自社の資金を経営者やその家族が個人的に使う、取引先からの要請に応じた貸付、経理が杜撰であるためです。

経営者への貸付金は、自宅購入資金や頭金、個人的趣味、株式投資に使われていることが多いですね。

取引先への貸付ですが、以前世話になった等の理由から応じるのですが、経営はかなり悪化した企業がほとんどです。そのため、完済されるのを見たことがありません。

経理が杜撰であることは中小企業ではよくあります。いつの間にか現金残高が膨らんでしまい、それを何とかするために貸付金処理するのです。

それらに加えて最近は少なくなりましたが、取引先から仕事を得る見返りに金銭等を要求され、それを貸付金にしている企業もあります。

そのような理由から貸付金が発生していますから、貸付金がまともに返済されないケースがほとんどです。早期の解消は難しいのです。

従業員へ数十万程度貸しても金融機関はその程度では気にもしません。しかし、企業規模にもよりますが、数百万円になれば無視できなくなるでしょうし、数千万円となれば新規融資は控える姿勢になるでしょう。

貸付金に対して利息を取れば税務上は問題ないとしても、金融機関は融資したお金が相談を受けた時に告げられた内容以外に使われるのは、資金使途違反として考えます。

商品仕入資金として使うとの説明だったのに、経営者へ流れて、それが個人的趣味や投資に流れていたら、騙されたということなのです。

商品仕入なら売上が発生し利益を出すことで返済できますが、趣味では返済原資がありませんし、投資は儲かれば返済できますがリスクも高いですね。

人手不足で倒産する企業もありますから、従業員の面倒を見る必要もあるでしょうし、経営をしていれば表に出せない経費もあるでしょうから、多少は仕方がないとは思います。

しかし、度が過ぎた貸付金は金融機関も黙ってはいられません。資金使途違反として融資を控えるようになります。

ちなみに当社顧問先で月商約400万円、貸付金もその程度あったのですが、信用保証協会からこれ以上増えると審査に影響すると言われました。他の顧問先では月商500万円、貸付金450万円が発生したところ、メインバンクから貸付金内容について質問を受けました。何か明確な基準があるわけではありませんが、月商程度の貸付金になったら注意したほうがいいかもしれません。

残高が大きくなると解消が難しくなります。解消方法は限られますから、早期の対応が必要です。まずは発生させない、発生させたらすぐに対応しましょう。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

家賃支援給付金 申請開始前のページ

特別損失への計上次のページ

ピックアップ記事

  1. 経営に役立つ経理を
  2. 今の経営で大丈夫ですか?
  3. 経営改善の秘訣は経営改善計画の策定とモニタリング
  4. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  5. 中小企業も書類作成能力が必要

関連記事

  1. 銀行融資

    減価償却費が原因で赤字

    当社みたいな財務コンサルティング会社は、高額な設備投資というのは必要あ…

  2. 銀行融資

    信用保証協会はどの金融機関で使うべき?

    「信用保証協会の保証枠はメインバンクで使え」と言われたことがある経営者…

  3. 銀行融資

    少額のプロパー融資提案

    企業が金融機関開拓をするとしたら、基本的に近くの金融機関を訪問すると思…

  4. 銀行融資

    取引銀行の支店長がやってきた

    銀行の支店長といえば、支店の中で椅子に座って仕事をしているイメージを持…

  5. 資金繰り

    短期継続融資による正常運転資金の調達

    中小企業の資金調達は、資金使途と調達方法が合っていない事が多く、それが…

  6. 銀行融資

    赤字企業でも支援対象となるために

    赤字企業は黒字企業と比べれば金融機関から良い評価を得られません。融資を…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 銀行融資

    融資を受けるために必要な資料
  2. 中小企業支援制度

    経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)
  3. 市川市関係

    第一勧業信用組合市川法人営業所が開設
  4. ブログ

    算定基礎届事務説明会に行ってきました
  5. 中小企業経営

    中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
PAGE TOP