中小企業経営

粉飾決算への警戒

新型コロナウイルス発生前から、金融機関には融資先の粉飾決算による被害が増えていたのですが、これからはより粉飾が増えてくるだろうと警戒を強めてきます。

これまで正常な融資先だと思っていたら突然倒産、よく調べてみたら以前から粉飾決算をしていたというケースが少なくないのです。

「何で見抜けないの」と思われる方もいるでしょう。財務分析の結果、疑われる決算書を見つけることもできますが、かなり手の込んだものだと難しいことも多いのです。

それに、担当者が粉飾の疑いのある企業の担当になったとして、何となく怪しいと感じていても、とりあえず正常に返済されているならそのまま様子を見るでしょう。余計なことをして倒産なんかしたら、自分の管理能力を問われることになりかねないですし。

それに確たる証拠もないのに粉飾の疑いがあるだけで、経営者に決算内容について質問して、もしやっていなければ大変失礼なことになってしまいます。

あるいはすでに知っているけど、すでに多額の融資残高になっていれば、粉飾を理由に新規の融資を断り回収不能となるのも避けたいでしょう。

もし取引金融機関がそのような対応をしてくれるからと、これからも粉飾を継続することはよくありません。

最初はほんのちょっとの粉飾だったとしても、徐々に手の込んだものになっていき、しまいには金融機関ごとに決算書を作成する企業もいます。粉飾するにしても決算書は一つだけということが多いのですが、中には金融機関ごとに作成する企業もあるのです。

そこまで行くと、経営者だけの能力では難しく、粉飾に長けた悪質な専門家が関与していることが多いかもしれません。

しかし、粉飾された決算書をいくつも作り続け管理するのは難しいと思います。というのも、A銀行に提出する決算書をB銀行に提出してしまったとか、複数の決算書が信用保証協会に行ってしまい信用を失った企業の話をよく聞くからです。そんなことにでもなれば、金融機関だけでなく信用保証協会からも完全に信用を失います。それは今後の保証協会付き融資はないということです。

経営が好調なら、過去の粉飾決算を知らない別金融機関からプロパー融資の可能性もあるかもしれませんが、今のコロナウイルスの影響を受けていたら信用保証協会の支援が必要になるでしょう。

翌月の売上を前倒しした、在庫をちょっといじった、そのあたりでやめておきましょう。もし、それ以上の粉飾をしなければ資金調達が難しくなってきた、あるいは今までは求められなかった資料提出要求が増えてきた、粉飾を疑われているように感じるなど、もう隠しきれなくなってきたと感じたら、担当者から言われる前に申し出たほうがいいです。

粉飾をしていれば新規融資は難しいでしょうから申し出るタイミングもあります。少しでも手持ち資金にゆとりのある時がいいでしょう。

自社を存続させるために仕方がないとお考えの方もいるでしょうが、粉飾決算は金融機関に嘘の資料を提出して融資を受けているのです。被害金額によっては逮捕された経営者もいます。

ひょっとしたら「きれいな決算書を作って融資を受けやすくしますよ」などと言ってくる自称専門家がいるかもしれませんが、どうかそういう方に依頼をしないでください。

粉飾をしてしまった中小企業経営者様から連絡を頂くことがよくあります。お付き合いさせていただく顧問先には今後の経営改善に必要なため、金融機関への過去の粉飾について報告してもらっています。今のところすべての顧問先が、リスケジュールではありますが継続支援を受けています。

もし粉飾のことでお悩みなら当社にご相談ください。「お問い合わせフォーム」をご利用くださるか、お電話(047-379-9508)ください。

お電話の場合、当社が契約している電話秘書会社の女性が出ますので、もちろん粉飾の件は言わなくてかまいません。「経営のことで相談したい」とだけお伝えください。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

審査が厳しくなってきた?前のページ

各給付金申請は自社でやりましょう次のページ

ピックアップ記事

  1. 当社は記帳代行も行っています
  2. 経営改善ができない経営者さんへ
  3. 経営コンサルタント+税理士で御社の経営を支援
  4. 経営に役立つ経理を
  5. リスケは経営者が動かないと

関連記事

  1. 銀行融資

    改正信用補完制度スタートから1年

    昨年4月からスタートした改正信用補完制度は1年が経過しました。…

  2. 中小企業経営

    赤字でも存続する企業

    決算書は赤字よりも黒字のほうが当然いいですが、黒字なら利益が資金化され…

  3. 資金繰り

    栃木銀行から短期継続融資の提案

    みなさんの会社が金融機関から融資を受ける場合、証書貸付による資金調達が…

  4. 銀行融資

    銀行はお金を貸したい

    2月9日の日本経済新聞にこのようなタイトルの記事がありました。…

  5. 銀行融資

    金融機関との付き合い方は企業が決めること

    みなさんの会社が複数の銀行と取引しており、例えば借入金残高の割合がA銀…

  6. 銀行融資

    企業のマイナス情報と銀行融資

    当社は8月決算で10月末までに申告する必要がありますから、同じ8月決算…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 資金繰り

    リスケ中でも融資獲得のチャンス
  2. その他いろいろ

    弘法寺の伏姫桜
  3. ブログ

    信用金庫の日
  4. 中小企業経営

    お客様は選んでいい
  5. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    当社は融資をする会社ではありません
PAGE TOP