迅速な対応を求めるなら

地域差はあるでしょうが、コロナウイルスの影響を受け資金繰りが苦しくなったので融資の相談をしに行っても、「信用保証協会の利用が必要ですが、非常に申し込みが殺到し審査には時間がかかります」などと取引金融機関から言われ、日本政策金融公庫に相談しても同じような返事で、非常に困った(困っている)経営者さんは少なくないでしょう。

過去に例のない申込件数が一度に殺到し、金融機関や信用保証協会も頑張って対応しているものの、行職員の感染防止も徹底しなければならず、思う様に審査が進まないことが影響しました。

「金融機関や信用保証協会はもっと人を増やせ」「非常時なのだから簡単な審査を」などの対応を望む方も多いと思います。

日頃から自社の経営情報を提供していれば、非常時でも必要な資料がほぼ揃っており、プロパー融資での支援を受けられた企業もあります。

しかし、「資金繰り表や試算表を作っていないため今の経営状況が分からない」「いくら必要なのか社長が説明できない、限度額まで貸して欲しいなどと言ってくる」といった行職員の悩みもあります。これではスムーズに審査が進むわけがありません。

それなのにギリギリになって申し込んできて、「審査に必要な資料は準備できていないが、困っているのだからすぐに融資して」と言われても無理です。

非常時の金融機関の体制にも問題はあるかもしれませんが、企業側の対応にも問題があるのです。というか結構多いのです。

それに「借りてください社長」とお願いされる立場ならいいでしょうが、特にコロナウイルス前から調子が悪い企業でしたら、なおさら求められていない資料でも提出するぐらいでなければなりません。今融資を申し込むなら、少なくとも5月までの試算表は提出できる必要があります。

コロナウイルスに関係なく、これからも外部環境の影響により経営が急速に悪化し、急に資金調達が必要となることもあるでしょう。

そんな時でも支援が受けやすいのは、金融機関に自社の経営報告を定期的にしている企業です。そんな日頃のお付き合いの積み重ねが重要です。

「忙しくて経理の仕事が遅れ気味だ」あるいは「会計事務所の対応が遅い」と言い訳をする経営者が多いのですが、社内で会計ソフトを使うのなら楽に作業をするにはどうしたらいいのか専門家に相談してもいいでしょう。また、会計事務所の対応が遅いのなら、こちらが必要書類を提出するのが遅いなら早く渡すだけですし、そうでないのなら新しい税理士を検討する必要があります。

金融機関に迅速な対応を求めるのなら、企業側もそれに協力できるようにしましょう。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントとして、これまでの経験や学んだことを書いています。

プロフィール

関連記事