これからの経営を一緒に考えませんか

コロナウイルスが落ち着いてきたと思ったら、新たな感染者数が増加しつつあるようですけど、とりあえずまだ第2波には至っていないとのこと。

先日、きらぼし銀行池袋支店に顧問先と行ったのですが、行員さんがコロナウイルス前と同じぐらい人がいるとおっしゃっていました。行ってみて私もそう思いました。池袋駅東口は、何だかコロナウイルスが終息したかのような雰囲気でした。

世の中は平常に戻りつつあるとしても、経営に相当なダメージを受けた中小企業は少なくないでしょう。

今日の報道によると、日本政策金融公庫には59万件に上る融資申込みがあり、リーマンショックの影響が広がった2009年度1年間の申し込み件数を上回ったということですから。

申し込みのおよそ80%にあたる47万件、金額にして8兆円の融資が決まって、残りも手続きが進められています。

とりあえず公庫や民間金融機関からの資金調達によって、今は資金繰りをつなぐことが重要ですが、増えた借入金のことを考えると、これからどのような経営をしていくべきか今から考えなければなりません。

新商品開発、販路開拓、経費削減、業務の効率化、リスケジュール等による経営や資金繰りの見直しなどが求められるでしょう。

しかし、中小企業の多くが税務や労務の申告や手続きのために士業を使っていても、経営改善や資金繰り管理のために専門家と顧問契約するケースは少ないと思います。

当社では中小企業の経理部長あるいは経営者の右腕となって、経営改善や資金繰り管理のサポートを行っています。具体的な内容は「サービスのご案内」のページをご覧ください。

最近のご相談で多いのは、「ウイルスのせいで経営が悪化した。これからどうしたらいいだろうか」「資金調達ができなかった」そしてなぜか最近多いのが「過去の粉飾決算をしたのだが金融機関に隠さない経営をしたい」です。

コロナウイルスに関係なくても、「自社の経営をより良くしていきたい」と強い意志がある経営者さんからお手伝いしますので、まずは悩みをお聞かせください。

お問い合わせフォームあるいはお電話(047-379-9508)で受け付けています。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントとして、これまでの経験や学んだことを書いています。

プロフィール

関連記事