中小企業支援制度

資本性借入金のアクセス増加

当社ホームページの「資本性借入金」へのアクセスが増えています。

6月12日に成立した令和2年度第2次補正予算にある「中小企業向け資本性資金供給」が原因でしょう。

出典:経済産業省「令和2年度第2次補正予算の事業概要」より

この中で「一般的に財務状況が悪化した中小企業等に対して、日本政策金融公庫等及び商工組合中央金庫が、民間金融機関が資本とみなすことができる長期間元本返済のない資本性劣後ローンを供給します」と説明があります。

資本性借入金あるいは資本性劣後ローンとは、会計上は借入金として負債に計上されるのですが、金融機関が企業の財務状況等を判断するにあたって、負債ではなく資本とみなすことができる借入金です。

中小企業の大半は、金融機関からの資金調達に依存しています。そして資金調達が成功すれば、決算書の貸借対照表には負債の部分に計上されます。しかし、この資本性劣後ローンあるいは資本性借入金とよばれる借入金は、資本と見なすことができるというものです。したがって、金融機関の立場としては、財務内容が改善された企業としてプラスに評価することができます。

■なぜそれが可能なのか

なぜそのようなことが可能かといえば、資本性劣後ローンの「劣後」という言葉がカギとなります。

もし企業が倒産したら、残った資産を売却して債権者に分配することになるのですが、劣後ローンはその順位が低いのです。金融機関が貸出した債権よりも、この劣後ローンのほうが順位は後回しとなります。企業が倒産しても回収可能性が極めて低く、資本金に近い資金であることから、「資本性」「劣後」という名称が付けられ、貸借対照表では資本と見なしていいということなのです。

■返済条件

償還期間が5年を超えるものであり、かつ期限一括償還が原則です。先ほどの資料でも、期間は5年1カ月、10年、20年、どれも期限一括償還です。

■利率に付いて

利率についてもやや特殊です。株式なら業績が良ければ高配当が、悪ければ無配になることもあります。それと同じで、利益が大きくなるほど支払利息が増えるようになります。

ちなみに、これは日本政策金融公庫国民生活事業の「挑戦支援資本強化特例制度(資本性ローン)」の利率表(2020年6月24日現在)です。

売上高減価償却前経常利益率が5%を超えると、通常の銀行融資の利率よりかなり高いですね。

■メリット

メリットは先ほど申し上げたように、期限一括償還なので資金繰りは安定します。また、民間金融機関からは自己資本と見なしてもらうことで、追加の融資を受けやすくなる可能性があります。

■デメリット

名称は資本性と付いても、(当然ですが)借入金に違いはありません。いつかは返済しなければなりません。金融庁が金融検査においてこの借入金は資本とみなしていいというだけです。

また、期限一括償還で資金繰りが改善されるのはメリットではありますが、返済期日にそれだけの資金を用意する必要があります。

■利用は容易ではない?

コロナウイルス被害を受けている中小企業は、政府系金融機関や、民間金融機関からセーフティネット保証4号や5号あるいは危機関連保証を利用して資金調達していますが、それと同じようにこの資本性借入金を容易に調達できるとは考えないほうがいいと思います。これまでの経験でいえば、利用できる企業はかなり限られていました。

まだどうなるか分かりませんが、あまり過度な期待は持たれないほうがいいと思います。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

今月は無料相談をお休みします前のページ

メインバンク次のページ

ピックアップ記事

  1. 経営改善の秘訣は経営改善計画の策定とモニタリング
  2. 当社は記帳代行も行っています
  3. 認定支援機関の活用
  4. 税理士変更を検討してみませんか
  5. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました

関連記事

  1. 銀行融資

    試算表は前期比較で

    経理を担当する社員から試算表が完成したと経営者に報告があったら、みなさ…

  2. 中小企業経営

    計画未達の場合の銀行への報告

    当社のお客様の何社かは、取引銀行に経営改善計画書を提出して、その後の進…

  3. ブログ

    信用保証制度見直しの方向性を公表

    信用保証協会(以下、保証協会)とは、中小企業が金融機関から事業資金の融…

  4. ブログ

    リスケジュールのすすめ

    中小企業は大手企業よりも経営基盤が脆弱で、ちょっとしたことでもすぐに赤…

  5. ブログ

    ぜひ資金繰り表の作成を

    資金繰り表とは資金繰り表とは、通常は月単位で企…

  6. 銀行融資

    最近増えてきた金融機関参加者

    当社は創業してから市川法人会の会員なのですが、毎年1月に賀詞交換会があ…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    対応地域に関するお問い合わせ
  2. 銀行融資

    金融機関は敵ではない
  3. ブログ

    企業も定期健診を
  4. ブログ

    定期預金を担保にした融資
  5. 銀行融資

    経営が好調な時に融資を受けておく
PAGE TOP