信用保証協会はどの金融機関で使うべき?

「信用保証協会の保証枠はメインバンクで使え」と言われたことがある経営者さんいますか。

信用保証協会が8割あるいは全額保証しますから、保証協会の保証は金融機関にとってのメリットが非常に大きい。したがって、メインバンクとしては「うちが一番、おたくを支援しているのだから、メリットの大きい保証も当行で使わせるのが当然」ということなのです。

こういう考え方をする金融機関やコンサルタントはいます。

確かにメインバンクに対しては、可能な範囲で協力する姿勢は必要でしょう。しかし、言われるがまま保証協会付き融資をメインバンクに集中させる必要はありません。むしろ、複数の金融機関と取引をしているのなら、メイン以外でも保証協会を使うべきです。

どこの金融機関でも保証協会付き融資が好きなわけですから、それを利用しながらプロパー融資や好条件を引き出すことを目指しましょう。いくらメインバンクとはいっても、そこまで気を遣う必要はありません。

(あまりないとは思いますが)もしメインバンクから「保証協会付き融資を当行にまとめさせて欲しい」と強く要求されたらどうしたらいいでしょうか。

その場合は、はっきりと断りましょう。すべてを1行に集中させた後に関係が悪化したらどうしますか。もうライバル行がいなくなったメインバンクは、「うちの条件で融資をやらせてもらう」「プロパー融資は徐々に引き上げよう」となってくるかもしれません。

メインバンクには、当社は次のように考えていると伝えましょう。
・当社のメインバンクは御社だ。これからもそのような認識でいる
・当社の規模から考えると、メインバンクだけに融資を依存するのは不安がある
・他行とも信用保証協会を活用してプロパー融資や低金利の融資を引き出したい

そして「私はこのように考えているのですが、どう思われますか。何かおかしいところありますか」とでも聞いてみましょう。

さすがに「社長の考えおかしいですよ」とは言えないでしょう。

融資取引も投資と一緒です。一つに集中するのはリスクがあるのです。残念ですが中小企業は信用力で劣るケースが多いです。それをカバーしてくれる信用保証協会、これをメインバンクだけに使う必要はありません。

行員は自分の営業成績を考えているだけです。経営的にはデメリットの方が大きいといえます。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントとして、これまでの経験や学んだことを書いています。

プロフィール

関連記事