中小企業支援制度

持続化給付金の支給いが遅い?

持続化給付金は5月1日からスタートしていますが、申請して1か月以上たっても1万件超が未払いだそうで、「持続化給付金 未払い」と検索したらこちらの記事がありました。

毎日新聞2020年6月10日「持続化給付金 5月1日、2日申請の1万件超が未払い 全体の3.5%

この記事によると、受付開始の初日と2日目に申請した約28万7000件のうち、約3.5%の1万件超が未払いになっているとのことです。

5月1日に申請した18万1272件のうち5489件、5月2日は申請者10万5870件のうち4682件が未払い。たった3.5%ですが件数にすると結構ありますね。

当社顧問先を例に挙げると、茨城県水戸市の顧問先は5月14日(木)に申請しました。その時、私も顧問先にいて申請手続きの説明をしていました。そしてすでに入金があったと5月31日にメールがありましたから、約2週間で振り込まれていますからそんなに遅くないと思います。

5月1日に申請しているのにまだというのは、システムや担当者に問題があったのか、よほど申請書類や内容に問題があるのか分かりませんが、これから申請される皆さんは不備がないようにしましょう。

ところで、この持続化給付金ですが、制度名は知らなくても法人200万、個人事業主100万と、受給限度額のところはよく知られていると思います。

でも意外と知らない方や、対象企業なのに申請していない方もいるようです。知り合いの保険会社さんとこの間話したとき、お客さんにそういう方が結構いらっしゃると言っていましたから。

2020年1月以降、新型コロナウイルスの影響等により、前年同月比で総売上(事業収入)が50%以上減少した月があれば該当するはずですから、分からなければお付き合いのある士業やコンサルタントなどに聞いてみましょう。

今年に入って前年同月比で50%以上も売上が減少している月がまだない企業もあるでしょう。対象となる期間は2020年1月から2020年12月とまだ期間はありますから、50%以上減少の月がこれからあったら忘れずに申請してください。

■申請に必要な書類
1、2019年(法人は前事業年度)確定申告書類の控え
法人は確定申告書別表1の控え(1枚)、法人事業概況説明書の控えを両面
個人事業主は2019年分の確定申告書第一表の控え、青色申告なら所得税青色申告決算書の控え
2、売上減少となった月の売上台帳の写し
会計ソフトのデータ、エクセルで作成したデータ、手書きの売上帳のコピーなどでかまいません。
3、通帳写し
通帳の表面と通帳を開いた1,2ページ目が必要です。紙媒体の通帳でない場合は、電子通帳等の画面等の画像を提出。
4(個人事業者)身分証明書写し

電子申請が原則ですが、パソコンやスマホなどが苦手という方もいるでしょう。パソコンが苦手な方を対象に、各都道府県に申請サポート会場がいくつか設置されています。事前の予約が必要ですがぜひ利用してください。詳しくは「申請サポート会場」のページを参照してください。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

子供に継がせたい会社ですか前のページ

経営計画書で今後をアピール次のページ

ピックアップ記事

  1. 認定支援機関の活用
  2. 条件変更改善型借換保証
  3. 経営改善の秘訣は経営改善計画の策定とモニタリング
  4. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  5. 経営に役立つ経理を

関連記事

  1. 中小企業支援制度

    令和2年度第2次補正予算が成立

    令和2年度第2次補正予算が6月12日成立しました。これにより家…

  2. 中小企業支援制度

    経営改善計画書の説明をしてきました

    当社は認定支援機関として活動していますが、特に経営改善計画策定支援事業…

  3. 中小企業支援制度

    経営改善計画策定支援事業と早期軽軽改善計画策定支援事業

    経営改善計画策定支援事業を使って経営改善をお手伝いするお客様が一社増え…

  4. 中小企業支援制度

    ローカルベンチマーク

    経済産業省は企業の経営状態の把握を行うツールとして、「ローカルベンチマ…

  5. ブログ

    4月から見直された信用補完制度がスタート

    このブログでも以前ご紹介しましたが、見直された信用補完制度が平成30年…

  6. 中小企業支援制度

    マル経融資の金利は現在1.21%です

    当社は東京商工会議所の会員企業です。東商新聞というのが時々送られてくる…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 中小企業経営

    中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  2. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    税理士さんからのご相談も歓迎します
  3. ブログ

    江戸・TOKYO 技とテクノの融合展2017
  4. 銀行融資

    お役に立てないこともあります
  5. 金融機関に関するニュース

    地域銀行に対する「経営者保証に関するガイドライン」のアンケート調査の結果について…
PAGE TOP