埼玉県信用保証協会を訪問

コロナウイルスが問題になったあたりから、埼玉県の寄居町、熊谷市、行田市、茨城県水戸市、栃木県宇都宮市と、当社からはやや離れた地域からのお問い合わせや顧問契約が増加しています。でも地元の千葉県からはなぜか少ない。

今日はその中の顧問先様と埼玉県信用保証協会熊谷支店さんに行ってきました。

前期はぐちゃぐちゃな決算書、そして経営支援していた中小企業診断士のいい加減なアドバイスのおかげで、かなりの窮地に立たされていました。

今期に入っても資金繰りには苦しんでいるものの、ご支援を始めた頃から徐々に利益を出せるようになってきました。

ただ、リスケジュール中でありこれからも継続する必要があるのに、金融機関だけでなく信用保証協会とも連絡をしていない状況であったため、4月までの経営結果と今期予想を報告しに行ったのです。

信用保証協会に一度も行ったことがない経営者は多いでしょう。普段は金融機関担当者が窓口になってくれますから、特に訪問する必要はないと思うかもしれません。

しかし、経営者自らが信用保証協会を訪問して、自社の経営状況を報告することは無駄ではありません。金融機関を通して得られる情報だけでなく、経営者との面談を職員は大切にしているからです。それに金融機関担当者から信用保証協会職員に、しっかりと経営状況が伝えられていない場合があるので、それを防止することもできます。

できれば、決算書ができあがったら決算説明と、今後の数値計画や資金調達計画を伝えるといいでしょう。

特に経営は順調とはいえず、資金調達に苦労している、特にリスケジュール中の企業ならば、信用保証協会とも付き合いがあるはずですからたまには訪問して報告する、3か月に1回は試算表を郵送でもいいから提出する、それぐらいは行ってください。

信用保証協会は、書類での保証審査を行うだけではありません。今は経営支援でも協力してもらえる可能性があるのです。

限られた職員で対応していますから、あまり頻繁に訪問したら鬱陶しいと思われるかもしれません。ただ、経営が悪化している企業経営者は、金融機関だけでなく信用保証協会とも面談する機会を設けましょう。

どこの信用保証協会も訪問を嫌がることはありません。むしろ歓迎してくれるはずです。今日も本当ならコロナウイルスで忙しいでしょうが、そんな素振りも見せずに丁寧な対応をしていただきました。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントとして、これまでの経験や学んだことを書いています。

プロフィール

関連記事