中小企業支援制度

日本政策金融公庫熊谷支店に行ってきました

埼玉県の日本政策金融公庫熊谷支店に行ってきました。顧問先の融資相談に同席させていただくためです。

顧問先からは「公庫に電話したらいつ来てもいい」と言われたというので、東京とは違いそれほど忙しくないのかなと思っていました。確かに支店の中には相談に来られている方の姿はほとんどいないけど、職員は皆さん電話対応などとても忙しそうでした。面談や審査結果出るのにも通常より日数を要するとのこと。

その顧問先は過去の決算書を見ると経営はかなり悪いですし、リスケジュール中の立場にあります。

しかし、今期はコロナウイルスによって売上にも影響しているので、前期よりもやや悪化していますが、長い業歴で地元での信頼があるため安定して受注がありました。

そこでリスケジュール中ですけど新規の融資申込みです。

個人客相手の工事はそう資金繰りに悩む必要はないのですが、公共事業だと売上代金入金前に材料や外注費、人件費がかかりますから、手持ち資金にゆとりを持たせたいとの考えからです。

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている中小企業は、前期と比較して売上高が減少していれば、リスケジュール中だからと門前払いはありませんでした。

職員からは「今はピンチでしょうけど、コロナウイルス対応融資を受けてチャンスに変えてください」と励ましの言葉がありました。これから正式申込みと審査なんですけどね。でも顧問先社長も勇気が出てきたようです。もちろん、その後に審査がありますから、今回の申し込みがどうなるかまだ分かりません。

ただ、リスケジュール中だからと冷たい態度を取られることはありませんでした。事前相談にも乗ってもらえて正式に申し込んでくださいと書類をもらってきました。

ということで、「リスケジュール中だけどコロナウイルスの影響を受けてしまった」企業でも、資金調達を希望するなら相談に行きましょう。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

急増する公庫への融資申し込み前のページ

自社の経営に貢献してくれる専門家選びを次のページ

ピックアップ記事

  1. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  2. 当社は記帳代行も行っています
  3. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  4. 融資を受けるために必要な資料
  5. 中小企業も書類作成能力が必要

関連記事

  1. ブログ

    銀行融資の裏技

    銀行からすると、本音では次のような企業に融資をしたいと思います。…

  2. 資金繰り

    新規融資が無理なら借換え

    資金繰りが悪化した、あるいはこれから悪化が見込まれる場合、返済額負担を…

  3. 中小企業支援制度

    新型コロナウイルス感染症の緊急対応策(第2弾)

    経済産業省から「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ」…

  4. 経理業務

    自動車販売会社の架空在庫計上

    日刊自動車新聞電子版2020年9月7日ポルシェディーラーの昌和自動…

  5. 銀行融資

    メインバンク

    メインバンクとは、人によっては「預金残高が多い」「売上代金の入金、仕入…

  6. 経理業務

    3月決算のみなさん、決算書できましたか?

    決算月の割合としては、3月決算5月申告の企業が一番多いのですが、3月決…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 資金繰り

    コロナ融資が出なければ返済額の軽減
  2. 中小企業経営

    目標とするべき財務体質
  3. ブログ

    摘要欄
  4. 銀行融資

    取引のない金融機関が訪問してきた
  5. 中小企業経営

    働き方改革関連法をご存じですか
PAGE TOP