中小企業支援制度

経済産業省「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ」

毎年3月は資金調達の件数・金額ともに伸びる月ですが、さらに新型コロナウイルス感染症の影響ですから、当社顧問先にも金融機関担当者が営業によく来ています。「資金に余裕があるから来月でいい」と言っても今月実行したいから非常に熱心です。

金融機関が当然使いたいのは100%保証のセーフティネット保証4号で、コロナウイルス問題が大きくなってきたら、今まであまり来てくれなかった金融機関からの連絡もあったかもしれません。

国はとりあえず企業に資金を供給して、倒産そして連鎖倒産を防止することに力を入れています。事業継続の意志がある企業ならば、そのような環境を利用してまずは手持ち資金にゆとりを持たせることです。

しかし、そのような状況はいつまでも続かず、新型コロナウイルス感染症の終息によって金融環境も正常に戻ります。そうなると自社を維持するために必要だったとはいえ、借入金は返済能力を超えた残高まで膨らんでいるかもしれません。

中小企業金融円滑化法のような法律ができるか分かりませんが、金融機関にはその後もしばらくはリスケジュールでの柔軟な対応が求められるでしょう。その間に自社の経営改善を進めて立て直していくことが必要です。

融資に加えて雇用調整助成金なども用意されていますから、ぜひ経済産業省の新型コロナウイルス感染症関連のページや、「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ」を参照してください。頻繁に更新されていますから時々確認してください。

当社では無料・有料相談を行っています。希望される方はHP「無料相談」をご覧ください。なお、電話での無料相談はすぐに対応できない場合があります。その場合は、電話秘書会社の女性が出てくれますのでご連絡先をお伝えください。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

4月からのセーフティネット保証5号対象業種前のページ

新型コロナウイルス感染症を踏まえた金融機関の対応事例次のページ

ピックアップ記事

  1. リスケは経営者が動かないと
  2. 融資を受けられない中小企業様へ
  3. 経営改善に必要なこと
  4. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  5. 経営改善ができない経営者さんへ

関連記事

  1. 中小企業支援制度

    日本政策金融公庫熊谷支店に行ってきました

    埼玉県の日本政策金融公庫熊谷支店に行ってきました。顧問先の融資相談に同…

  2. 中小企業支援制度

    民間金融機関における実質無利子・無担保融資

    新型コロナウイルス感染症の影響で売上が減少した中小企業を対象に、民間金…

  3. 中小企業支援制度

    東京都の新型コロナウイルス感染症対応緊急融資「略称:感染症対応」

    東京都限定の話ですみません。新型コロナウイルス感染症で経営が悪…

  4. 中小企業支援制度

    緊急短期資金保証(令和元年台風15号による災害)の取扱い開始

    千葉県信用保証協会では、台風15号による被害を受けている中小企業に対し…

  5. ブログ

    4月から見直された信用補完制度がスタート

    このブログでも以前ご紹介しましたが、見直された信用補完制度が平成30年…

  6. ブログ

    千葉県クラウドファンディング活用補助金

    クラウドファンディングによる資金調達は、知っている人も増えましたし、徐…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 銀行融資

    提供する情報量が多いと融資の成功確率は高くなる
  2. 中小企業経営

    継続・撤退の決断
  3. ブログ

    棚卸資産が多いのは悪い事?
  4. 中小企業経営

    経営者は必ず計画内容の確認を
  5. ブログ

    ぜひ資金繰り表の作成を
PAGE TOP