中小企業支援制度

新型コロナウイルス感染症の緊急対応策(第2弾)

経済産業省から「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ」という資料が公表されています。

そこには資金繰り、設備投資・販路開拓、経営環境の整備についての支援策や相談窓口が書かれています。

3月10日に緊急対応策(第2弾)が公表され、資金繰り支援を中心とした支援策が拡充されました。

これまでセーフティネット保証4号(100%保証)による支援や、セーフティネット保証5号(80%保証)で対象業種の拡充、セーフティネット貸付での支援が出されていましたが、融資についてはさらに次の支援策が拡充されました。

■実質的な無利子・無担保融資
新型コロナウイルス感染症特別貸付及び特別利子補給制度を併用することで、実質的な無利子化が実現されました。

(1)新型コロナウイルス感染症特別貸付
日本政策金融公庫等が、新型コロナウイルス感染症による影響を受け業況が悪化した事業者(フリーランスを含む)に対し、融資枠別枠の制度を創設。信用力や担保に依らず一律金利とし、融資後の3年間まで0.9%の金利引き下げを実施。

【融資対象】
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて一時的な業況悪化を来たし、次のいずれかに該当する方

①最近1ヶ月の売上高が前年又は前々年の同期と比較して5%以上減少した方
②業歴3ヶ月以上1年1カ月未満の場合は、最近1ヶ月の売上高が、次のいずれかと比較して5%以上減少している方

a過去3ヶ月(最近1カ月を含む)の平均売上高
b令和元年12月の売上高
c令和元年10月~12月の売上高平均額
※個人事業主(フリーランス含み、小規模に限る)は、影響に対する定性的な説明でも柔軟に対応。

【資金使途】
運転資金、設備資金
【担保】
無担保
【貸付期間】
設備資金20年以内、運転資金15年以内(うち据置5年以内)
【融資限度額(別枠)】
中小事業は3億円、国民事業6千万円
【金利】
当初3年間は基準金利▲0.9%、4年目以降基準金利
中小事業1.11%→0.21%、国民事業1.36%→0.46% 令和2年3月2日時点
(利下げ限度額:中小事業1億円、国民事業3千万円)

(2)特別利子補給制度
日本政策金融公庫等の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」により貸付を行った中小企業者等のうち、特に影響の大きいフリーランスを含む個人事業主、また売上高が急減した事業者などに対して、利子補給を行事で資金繰り支援を実施。
※利子補給の具体的な内容については今後公表予定です。

【適用対象】
「新型コロナウイルス感染症特別貸付」により借入を行った中小企業者のうち、以下の要件を満たす方
①個人事業主(フリーランス含む、小規模に限る):要件なし
②小規模事業者(法人事業者):売上高▲15%減少
中小企業者(上記①,②を除く事業者):売上高20%減少

※小規模要件
・製造業、建設業、運輸業、その他業種は従業員20名以下
・卸売業、小売業、サービス業は従業員5名以下

【利子補給】
期間:借入後当初3年間
補給対象上限:中小事業1億円、国民事業3千万円

■マル経融資の金利引下げ
マル経融資というのは、小規模事業者を対象にした日本政策金融公庫の融資制度です。商工会議所・商工会等の経営指導員による経営指導を受けた小規模事業者に対して、無担保・無保証人で融資を行います。

●新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた特例措置
新型コロナウイルス感染症の影響により売上が減少した小規模事業者の資金繰りを支援するため、別枠1,000万円の範囲内で当初3年間、通常の貸付金利から▲0.9%引下げする。加えて、据置期間を運転資金で3年間以内、設備資金で4年以内に延長する。

【対象者】
最近1ヶ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して5%以上減少している小規模事業者
【資金使途】
運転資金、設備資金
【融資限度額】
別枠1,000万円
【金利】
1.21%(令和2年3月10日時点)より当初3年間、▲0.9%引下げ

■危機関連保証
全国の中小企業・小規模事業者の資金繰りが逼迫していることを踏まえ、全国・全業種(保証対象業種に限ります)の事業者を対象に「危機関連保証」(100%保証)として、売上高が前年同月比15%以上減少する中小企業・小規模事業者に対して、更なる別枠(2.8億円)を設置。

この制度を設置することで一般保証枠以外に、セーフティネット保証枠と併せて最大5.6億円の信用保証枠となります。

■影響を受けている方は必ず確認を
経済産業省から公表されているこの資料には、これまでの支援策も含めて分かりやすく紹介されていますから、ぜひ確認をしてください。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

粉飾決算に頼りたくなるかもしれませんが前のページ

セーフティネット保証5号対象を316業種追加次のページ

ピックアップ記事

  1. 税理士変更を検討してみませんか
  2. 融資を受けるために必要な資料
  3. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  4. 条件変更改善型借換保証
  5. 経営に役立つ経理を

関連記事

  1. 銀行融資

    支援対象企業となるために

    経理の仕事といえば、請求書を発行し入金の管理、仕入先などから請求書が届…

  2. ブログ

    ソニー銀行がクラウドファンディングの運営を開始

    クラウドファンディングとは、資金を必要としている法人・個人が事業内容や…

  3. 銀行融資

    都合悪いことは先に言っておく

    融資を申し込みたい場合、金融機関からは決算書の提出を求められます。…

  4. 中小企業支援制度

    来年からのセーフティネット保証5号の指定業種は大幅減

    業況の悪化している業種に属する中小企業の資金繰りを支援するセーフティネ…

  5. 銀行融資

    融資を謝絶された理由の確認を

    取引先企業から融資を申し込まれたら、普段は難しそうな顔をしている銀行員…

  6. 銀行融資

    不動産担保

    担保や保証、財務データに過度に依存しない融資の推進は、ほんの少しずつで…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、金融機関との銀行融資取引、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区・千葉県市川市より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 中小企業支援制度

    今回の大雨によって被災した中小企業支援策
  2. 銀行融資

    多額の貸付金が資金調達に影響
  3. 中小企業支援制度

    事業承継補助金
  4. ブログ

    東京商工会議所が魅力ある中堅中小企業を紹介
  5. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    明日から無料相談を再開します
PAGE TOP