3月は資金調達が必要ではありませんか

毎年のことですが、2月中旬あたりから資金繰りのご相談が増えてきました。

3月は資金調達に動く中小企業が多いですし、金融機関も積極的に営業しています。もちろん3月決算ですから少しでも融資残高を伸ばしたい理由もありますが。

1月と2月は営業日数が少ないことから、3月の売上入金が少ない企業は多いでしょうし、資金繰りが厳しい月となるでしょう。

ぜひ早めに取引金融機関への相談と必要書類の準備をしてください。なぜなら今年の3月は通常の資金需要以外にコロナウイルスでの融資申し込みも増えそうだからです。

ウイルス問題ですでに旅館業などで倒産が出ています。中国企業と直接取引がある企業はもちろんですが、そうでないにしても仕入れなどで間接的に影響を受けることもあるでしょう。これから事業に影響が出てくる中小企業も多いはずです。

ウイルス問題で経営に影響を受けている場合は、前回も書きましたがセーフティネット保証4号やセーフティネット貸付で柔軟に対応してもらえる可能性は高いと思います。国からの要請を受けて、信用保証協会と日本政策金融公庫は柔軟な対応をしてくれるでしょう。

また今週あたりにはセーフティネット保証5号の追加業種が指定される予定です。

中小企業支援策はスタート時が審査は緩くて、少し落ち着いてくると審査が厳しくなることが多いので早めに動いてください。

ウイルス問題が短期間で終息するのかそうはならないのか分かりませんから、保守的に考え手持ち資金にゆとりを持たせておいた方がいいです。

あと、試算表はぜひ用意してください。いつも相談に乗って欲しいとおっしゃる経営者さんに「試算表を見せてください」と申し上げると、「まだ作っていません」との回答をいただきます。審査する側の金融機関や信用保証協会としては、今期の経営状態を把握するための資料が欲しいですから。

「3月に資金調達したいけど書類の準備ができていない」、そんな企業の経営者さんは、顧問税理士やコンサルタント、お付き合いされている経営アドバイザーの力を借りてください、

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントをしています。このブログではこれまでの業務で経験したことを書いています。

プロフィール

関連記事