中小企業支援制度

新型コロナウイルスの影響

中国から発生した新型コロナウイルス問題ですが、中国企業との取引や中国人観光客を相手にしている中小企業には、すでに影響が出ている、あるいはこれから影響が出てくるのではないでしょうか。

中国に依存している売上については、大幅に減少することも覚悟しなければならないでしょう。

当社の顧問先でも中国との取引が大きい企業では影響が出てきました。

これに対して、信用保証協会などではすでに相談窓口を開設しています。

何年もこの影響が続くとは思えませんが、数カ月は影響が出ると考え、早めの資金調達により手持ち資金にゆとりを持たせる、あるいはリスケジュールによる資金流出を抑えることも検討しましょう。かなり保守的な数字で今後の収支や資金繰りを考えてください。

相談窓口の開設だけでなく、新型コロナウイルスの感染拡大で経営に影響が出ている中小企業を対象とした融資も出てきました。

■大阪府

大阪府新型コロナウイルス感染症対応緊急資金

融資対象者:大阪府内で1年以上事業を行い、新型コロナウイルスの感染拡大によって直近1カ月の売上高が前年同月比10%以上減少している中小企業と個人事業主
資金使途:運転資金や設備資金
融資限度額:上限は2億円(8,000万円までは無担保)
融資期間:7年以内、据置期間は1年以内
金利:1.2%(固定)
実施日:2月17日(月)

詳しくは大阪府HP「新型コロナウイルスに関する中小企業・小規模事業者相談窓口の設置について」を参照してください。

 

■山梨県

新型コロナウイルスにより売上が減少している県内中小企業に対して、山梨県では売上が減少した際に運転資金として活用できる「経済変動対策融資」が用意されています。

経済変動対策融資はさらに経営安定化特別関係と経営環境変動対策関係の2つがあり、どちらも県内に事業所があり、1年以上事業を営んでいる中小企業者が対象です。

・経営安定化特別関係
次のいずれかに該当する者
(1)最近3か月の売上高等が前年同期と比べ20%以上減少
(2)最近1か月の売上高等が前年同期と比べ20%以上減少し、かつ、その後の2か月を含む3か月の売上高等が20%以上減少見込み
資金使途:運転資金
限度額:運転資金2,000万円
利率:1.6%
保証料率:0.45%~1.9%
償還期間:7年以内(1年以内の据置を含む)

・経営環境変動対策関係
次のいずれかに該当する者
(1)最近3か月の売上高等又は受注量が前年同期と比べ5%以上減少
(2)原油や原材料価格等の高騰により、最近3か月の売上高に占める「売上原価」又は「販売費および一般管理費」の割合が前年同期に比べ増加
限度額:運転資金5,000万円
融資利率:5年以内1.5%、10年以内1.7%
保証料率:0.45%~1.9%
償還期間:10年以内(1年以内の据置を含む)

詳しくは山梨県HP「経済変動対策融資チラシ」を参照してください。

このような融資制度で支援する自治体は増えていますから、みなさんの会社がある都道府県や市区町村でもないか確認してください。

■影響が大きいと予想されるなら早めの対応を

この新型コロナウイルスによる経営の影響ですが、これはどんな優れた経営者でも発生を予測することはできません。これは経営者の能力ではどうしようもできないことです。したがって、この影響によって一時的に経営が悪化し始めたとしても、金融機関や信用保証協会等からは柔軟な支援が受けやすいのではと思います。

「何か月したら売上が戻るのか」、これは読みにくいところではありますが、保守的に今後の資金繰りを考えると影響が大きいのでしたら、遠慮せずお付き合いされている金融機関に相談しましょう。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

売上債権の管理強化を前のページ

相談しづらい専門家次のページ

ピックアップ記事

  1. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  2. 営業利益は黒字ですか?
  3. 会社の健康診断をしていますか
  4. 経営改善に必要なこと
  5. 条件変更改善型借換保証

関連記事

  1. 中小企業支援制度

    公的機関を無料で活用した人手不足解消策

    人手不足が解消できない中小企業人手不足で悩む中小企業は、間違い…

  2. ブログ

    一行取引は避けましょう

    企業は複数の金融機関と付き合うことが必要です、とこのブログのどこかで書…

  3. 中小企業支援制度

    災害による被害はどの企業でもあり得ます

    今回の台風19号は大雨による被害が非常に大きく、亡くなった方はかなりい…

  4. 資金繰り

    信用保証協会に頼らない経営を

    中小企業(特に小規模企業)であれば銀行からの資金調達では、信用保証協会…

  5. 中小企業支援制度

    小規模事業者向けの融資・保証制度

    中小企業の中でも小規模事業者は、自社の信用力だけで金融機関から資金調達…

  6. 中小企業支援制度

    令和2年度第2次補正予算が成立

    令和2年度第2次補正予算が6月12日成立しました。これにより家…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 中小企業経営

    経営改善は早期に着手を
  2. その他いろいろ

    金融機関への不要不急の訪問は避けましょう
  3. 中小企業支援制度

    マル経融資の金利は現在1.21%です
  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    経営コンサルタント+税理士で御社の経営を支援
  5. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    企業実務2017年8月号に執筆記事が掲載されました
PAGE TOP