中小企業支援制度

来年からのセーフティネット保証5号の指定業種は大幅減

業況の悪化している業種に属する中小企業の資金繰りを支援するセーフティネット保証5号は、3か月に1回指定業種が見直されます。

令和元年10月1日~12月31日までの指定業種は213業種ですが、来年1月1日~3月31日までは152業種と大幅に減少します。

大幅に指定業種が減っている中、来年1月から指定されている業種としては、旅行業、ドラッグストア、コンクリートブロック工事業、清酒製造業、自動車部分品・附属品製造業、宗教用具製造業・小売業などがあります。

指定業種について詳細は中小企業庁のホームページを参照してください。

セーフティネット保証5号の指定業種(令和2年1月1日~令和2年3月31日)

セーフティネット保証5号の指定業種(令和元年10月1日~令和元年12月31日)

セーフティネット保証5号は、以下のいずれかの要件を満たすことについて、市区町村長の認定を受けた中小企業が対象となります。

(1)指定業種に属する事業を行っており、最近3か月間の売上高等が前年同期比5%以上減少した中小企業者
(2)指定業種に属する事業を行っており、製品等原価のうち20%を占める原油等の仕入価格が20%以上、上昇しているにもかかわらず、製品等価格に転嫁できていない中小企業者

自社の業種が指定されており、売上減少などにより経営が悪化しているためセーフティネット保証5号を利用したい中小企業は、市区町村の商工課等の窓口にて認定申請書を提出し、認定を受けたら、取引金融機関または信用保証協会に認定書を持参して、保証協会付き融資を申し込む流れになります。

この制度利用を検討されているのでしたら、まずは自社の所在地がある市区町村のホームページを参照してみましょう。そこで申請書がダウンロードできますし、その他の必要書類が書かれています。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

りそな銀行がAIで倒産確率算出前のページ

来年の景気は悪化と見込む企業は37.2%次のページ

ピックアップ記事

  1. 経営改善に必要なこと
  2. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  3. 経営改善ができない経営者さんへ
  4. 認定支援機関の活用
  5. 税理士変更を検討してみませんか

関連記事

  1. 中小企業支援制度

    経営計画書を作成しませんか

    今日は顧問先が全取締役を集めて、前期の決算報告や今期経営計画の説明を行…

  2. ブログ

    東京都は年末・年度末の資金需要対策を実施

    東京都の制度融資についてなのですが、年末から年度末にかけて中小企業の緊…

  3. ブログ

    信用保証制度見直しの方向性を公表

    信用保証協会(以下、保証協会)とは、中小企業が金融機関から事業資金の融…

  4. 中小企業支援制度

    持続化給付金の申請受付開始

    持続化給付金の申請手続きが開始されました。持続化給付金とは、新…

  5. 中小企業支援制度

    大阪府で発生した地震による被災中小企業対策

    大阪府北部を震源とする地震が昨日発生しました。影響を受けてしまっている…

  6. 中小企業支援制度

    小規模事業者の資金調達がしやすくなりました

    すでにこのブログで書いた通り、4月から改正された信用補完制度がスタート…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 中小企業経営

    事業再生のカギは一日も早い相談
  2. 起業(創業)

    営業が苦手なら起業しないほうがいい
  3. 中小企業経営

    目標とするべき財務体質
  4. 資金繰り

    資金繰りを考えてくれる金融機関と付き合う
  5. 中小企業経営

    人事評価
PAGE TOP