少額のプロパー融資提案

企業が金融機関開拓をするとしたら、基本的に近くの金融機関を訪問すると思います。

それは用事があったら行くのが便利なのもありますが、自社と距離のある金融機関に口座開設や新規融資の相談をしても、「周辺の金融機関から断られ続けたから、うちに相談に来たのだろうか」と思われるでしょう。

しかし逆に、やや離れたところから金融機関が営業に来ることがあります。顧問先でも隣の駅にある金融機関からわざわざ訪問して来ます。それだけではありません。例えば、四国や北関東に本店のある地方銀行が東京に進出していて、帝国データバンク等の評点を参考にして営業して来ます。

どちらも借りてくれる企業を探しに来たわけです。地方では優良な融資先開拓が難しい、またはいつもの営業エリアは毎日営業しているから他にも訪問してみたいということです。

「営業エリアには入っているけど遠いためあまり行かない」とか「いつもは行かないエリアの企業訪問してみよう」ということなのですが、業歴の浅い企業だと取引金融機関はそれほど多くないので、このような訪問は歓迎するでしょうが、業歴が長いとむしろ取引を減らしたいぐらい付き合っていることは珍しくありません。

そんな取引金融機関を見直したい企業に融資をセールスしようとなれば、どうしても低金利が武器となってきます。手っ取り早く結果を出すには、安売りで入っていくしかないのです。

あるいはその企業の融資がすべて保証協会付きであれば、プロパー融資を提案する方法もあります。これ以上金利を下げたくないのか顧問先ではこの提案が多い。

ただ、いくら金融機関がお願いするとはいえ初めての取引にプロパー融資はリスクもあります。だから小規模の金融機関ではそれほど大きな金額ではないかもしれません。

しかし、それでも「プロパー融資はうれしいけど、その額しか出ないならいらないよ」と拒否しないで欲しいのです。特に保証協会付き融資でしか借りていない企業ならなおさらです。

資金使途は、仕入資金だけでなく賞与資金や納税資金でもかまいません。少額でもいいから借りておいて、返済実績を作り信用を作るようにしましょう。徐々に大きな金額でも対応してくれるようになり、さらに他金融機関にも「A銀行さんがプロパー融資なら当行も」と対応してもらいやすくなります。

少額のプロパー融資を提案してきたら、「そんな小さい金額ならいらない」とは言わないでおきましょう。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントとして、これまでの経験や学んだことを書いています。

プロフィール

関連記事