資金繰り

返済原資は「利益+減価償却費」?

借入金の返済能力を見る財務指標として債務償還年数があります。

計算式は金融機関によって考え方にやや差はありますが次のようなものになるでしょう。
・営業利益+減価償却費
・経常利益+減価償却費-法人税等
・税引き後利益+減価償却費

どちらにしても、損益計算書に表示されている利益と減価償却費を加えたものが返済能力として利用されます。聞いたことがある方も多いでしょう。

税金を引いた残りの利益は企業が自由に使えますね。減価償却費はお金の流出が発生しない費用ですから、返済能力を見る際には利益に加えます。

しかし、実際には「利益+減価償却費」の分だけ現預金が増えているとは限りません。むしろそうでない中小企業が多く「利益=現預金の増加」ではないのです。

経営者の多くは「返済するには利益を出さなければ、利益を出すためには売上を増やさなければ」と売上拡大を目指すようになります。

それは悪いことではないのですが、売上が増加すれば売上債権も増えることになります。売上増加に対応するには棚卸資産を増やす必要も出てきます。その結果、今まで以上に運転資金が必要となるのです。

よって、「売上が増えて利益も増えたけど資金繰りが苦しくなった。計算式では返済可能であっても実際にはそんな資金はない。結局借入金が増えた」なんてことになるのです。

先ほどの計算式も、返済能力を決算書から簡易的に計算するためのもので正確とはいえません。

本来はキャッシュフロー計算書でいうところの、フリーキャッシュフローが借入金の返済原資となります。営業活動でいくらの現金を獲得し、そこからいくら設備投資に使い、その残った金額が返済可能額ということなのです。

債務償還年数でどれだけ大きな金額が出たとしても、それに見合った現預金が増えてなければ意味がありません。

これを改善するには例えば、売上債権の入金サイトを改善する、在庫管理を強化する、経営に不要な資産(貸付金など)を発生させない、などが考えられます。

特に売上債権についていえば「うちの業界は〇〇日後の入金が常識」とおっしゃる方がいます。力関係から既存の取引先には言えないかもしれません。それに途中から入金サイトの変更を依頼するのは信用不安に発展しても嫌でしょうし。

しかし、どの業界でも取引先ごとに条件は異なります。そこで新しい取引先との取引開始時には交渉できるでしょう。売上先だけではありません。仕入れや外注先ならこちらから仕事を出す立場ですし交渉しやすいでしょう。

棚卸資産についても、現預金が商品や原材料に変化しています。すぐに販売されて売上債権になり現預金になることが必要です。すぐに販売できないような商品は原則仕入れない、流行に影響されるような商品に売れ残りが発生しない数量を仕入れるなどの管理は必要です。

利益増加はもちろん大切ですが、入金や支払いの条件見直しなどによる資金繰り改善も重要なのです。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
TEL:047-379-9508
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

当社に依頼する前 ご家族でよく話し合ってください前のページ

近代セールス2019年10月15日号に執筆記事が掲載されました次のページ

トライフィナンシャルサービス 差し迫っているお支払いにお困りの法人・個人事業主向け。

ピックアップ記事

  1. 今の経営で大丈夫ですか?
  2. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  3. 経営改善の秘訣は経営改善計画の策定とモニタリング
  4. あきらめずにぜひご相談を
  5. 経営に役立つ経理を

関連記事

  1. ブログ

    設備投資を検討しませんか?

    減価償却が終了した固定資産がありませんか?決算…

  2. 資金繰り

    10連休が近づいてきました

    10連休が近づいてきました。仕入れなどの支払いを月末にする企業…

  3. ブログ

    繰り上げ返済は無理にしない

    起業するけど借金は嫌だからと銀行からの資金調達はせず事業を開始したもの…

  4. ブログ

    オンライン融資サービス「LENDY」

    融資審査へのAI(人工知能)活用が徐々に広がりつつあります。&…

  5. 資金繰り

    毎月の積立額が多い

    預金金利が極めて低い状況は長年続き、そのため定期預金や積立預金をするメ…

  6. 中小企業支援制度

    セーフティネット保証5号の指定業種が公表されました

    平成28年10月1日からのセーフティネット保証5号の指定業種が経済産業…

GMO BtoB 早払い(ファクタリング)【手数料業界最安水準1.0%~】融資ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営するファクタリングサービスです。

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 中小企業支援制度

    セーフティネット保証5号対象を316業種追加
  2. ブログ

    巣鴨信用金庫と融資取引のある経営者さんへ
  3. 中小企業支援制度

    台風の被害は顧問先にも
  4. ブログ

    常陽銀行と足利銀行が経営統合
  5. 資金繰り

    資金繰り管理をお手伝いします
PAGE TOP