資金繰り

12月の資金調達も今から準備するぐらいで

9月は銀行の中間決算の日でもあり、当社顧問先にも「9月中の融資実行をお願いします」と行職員が営業によく来られました。動きの速いA銀行なんて8月には融資の承認が出て9月に入ってすぐ実行されました。まだ資金繰りに余裕あるから10月以降でも問題ない顧問先ばかりだったのですが。

平均残高を増やしたい、他行がより良い提案を出して横取りされないよう、早めに実行したいのでしょう。

9月の次は12月が企業の資金需要が発生する月です。資金調達に悩む可能性のある中小企業は今から行動してください。ただそれは資金調達に悩む中小企業だけではありません。少しでも条件の良い融資を受けたいのなら早めに準備をして、金融機関同士の競争を促しましょう。

とはいっても、やることはそんなに難しいことではありません。

今期これまでの業績結果と今後の見通しを月ごとに作成し、それを基に今後の資金繰りの見通しも作成してください。

今期の数字が思うようなものでなければ、どのように改善していく予定かぐらいは説明が必要でしょう。

いつまでにいくら必要か、何に使ってどのように返済していくか、融資を受けることで経営が安定・好転することを説明するのです。

それは早ければ早い方がいいです。十分に審査する時間がある融資は前向きに取り組みやすいからです。だから今から動く必要があるのです。

7月決算9月申告の企業なら決算書が出来上がったばかりですから、まだ今期の試算表は不要でしょう。しかし、今期に入って半年も経っているのに試算表すらないというのでは、今期の数字が全くわかりませんから、金融機関も審査の材料が少なすぎるのです。前期の決算が悪ければ、悪い過去でしか評価してもらえませんよ。

それと資金繰り表と書きましたけど、これを作成し提出している中小企業は本当に少ないですね。過去の数字を取りまとめるのは得意でも、これから先のことを考えるのが苦手な経営者や経理担当者が多いようです。

専門家に教えてもらいながら慣れていくしかありません。それに将来の見通しですから多少ズレが発生するのも仕方がありません。

経営者さんの中には、「今後の見通しみたいなものがあると経営がしやすいのだが」とお考えになる方がいるかもしれません。それは自社の経営管理に不可欠ですし、金融機関との良好な関係維持のためにも必要です。

ただ、経営者さんもそうですが経理社員さんも、考えたり作成したりすることは無理という企業も多いでしょう。

もし社内では今期の決算予想や資金繰りの見通しの作成が難しいようでしたら、当社でお手伝いが可能です。

金融機関との融資取引をより良くしていきたい、自社の経営をより良くしていきたい、そうお考えの経営者さんはぜひご連絡ください。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
TEL:047-379-9508
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

1つに依存するのは大きなリスク前のページ

テレビ取材を受けたい次のページ

トライフィナンシャルサービス 差し迫っているお支払いにお困りの法人・個人事業主向け。

ピックアップ記事

  1. 当社は記帳代行も行っています
  2. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  3. 営業利益は黒字ですか?
  4. 経営改善に必要なこと
  5. 経営改善の秘訣は経営改善計画の策定とモニタリング

関連記事

  1. 資金繰り

    気が大きくならないよう注意

    業績が好調なので生産力向上のために機械を購入したい、今後売上が増加する…

  2. 銀行融資

    コロナが落ち着いたら審査は慎重に

    新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言によりゴールデンウイークは外…

  3. ブログ

    銀行と企業の関係は男女の関係と一緒

    私は銀行と企業の関係は男女の関係と一緒で、企業が男性で銀行が女性だと思…

  4. 資金繰り

    支払利息は保険料

    企業が経営していく上で理想的な資金繰りの流れは、売上代金の入金を確…

  5. ブログ

    資金を固定化させない

    資金は企業経営でいえば血液のようなものです。資金が回転せず固定化してし…

  6. 資金繰り

    貸付金が多い

    貸付金が多い理由貸借対照表の資産部分に、貸付金が計上されていること…

GMO BtoB 早払い(ファクタリング)【手数料業界最安水準1.0%~】融資ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営するファクタリングサービスです。

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 起業(創業)

    死の谷
  2. 起業(創業)

    営業が苦手なら起業しないほうがいい
  3. ブログ

    異なる都道府県の信用保証協会を利用できるか
  4. ブログ

    昨日会った銀行員
  5. 銀行融資

    もう借りられないか確認しましたか?
PAGE TOP