12月の資金調達も今から準備するぐらいで

9月は銀行の中間決算の日でもあり、当社顧問先にも「9月中の融資実行をお願いします」と行職員が営業によく来られました。動きの速いA銀行なんて8月には融資の承認が出て9月に入ってすぐ実行されました。まだ資金繰りに余裕あるから10月以降でも問題ない顧問先ばかりだったのですが。

平均残高を増やしたい、他行がより良い提案を出して横取りされないよう、早めに実行したいのでしょう。

9月の次は12月が企業の資金需要が発生する月です。資金調達に悩む可能性のある中小企業は今から行動してください。ただそれは資金調達に悩む中小企業だけではありません。少しでも条件の良い融資を受けたいのなら早めに準備をして、金融機関同士の競争を促しましょう。

とはいっても、やることはそんなに難しいことではありません。

今期これまでの業績結果と今後の見通しを月ごとに作成し、それを基に今後の資金繰りの見通しも作成してください。

今期の数字が思うようなものでなければ、どのように改善していく予定かぐらいは説明が必要でしょう。

いつまでにいくら必要か、何に使ってどのように返済していくか、融資を受けることで経営が安定・好転することを説明するのです。

それは早ければ早い方がいいです。十分に審査する時間がある融資は前向きに取り組みやすいからです。だから今から動く必要があるのです。

7月決算9月申告の企業なら決算書が出来上がったばかりですから、まだ今期の試算表は不要でしょう。しかし、今期に入って半年も経っているのに試算表すらないというのでは、今期の数字が全くわかりませんから、金融機関も審査の材料が少なすぎるのです。前期の決算が悪ければ、悪い過去でしか評価してもらえませんよ。

それと資金繰り表と書きましたけど、これを作成し提出している中小企業は本当に少ないですね。過去の数字を取りまとめるのは得意でも、これから先のことを考えるのが苦手な経営者や経理担当者が多いようです。

専門家に教えてもらいながら慣れていくしかありません。それに将来の見通しですから多少ズレが発生するのも仕方がありません。

経営者さんの中には、「今後の見通しみたいなものがあると経営がしやすいのだが」とお考えになる方がいるかもしれません。それは自社の経営管理に不可欠ですし、金融機関との良好な関係維持のためにも必要です。

ただ、経営者さんもそうですが経理社員さんも、考えたり作成したりすることは無理という企業も多いでしょう。

もし社内では今期の決算予想や資金繰りの見通しの作成が難しいようでしたら、当社でお手伝いが可能です。

金融機関との融資取引をより良くしていきたい、自社の経営をより良くしていきたい、そうお考えの経営者さんはぜひご連絡ください。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
TEL:047-379-9508
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントをしています。このブログではこれまでの業務で経験したことを書いています。

プロフィール

関連記事