中小企業支援制度

緊急短期資金保証(令和元年台風15号による災害)の取扱い開始

千葉県信用保証協会では、台風15号による被害を受けている中小企業に対して当面の資金繰りを支援するため、緊急短期資金保証(台風15号による災害)の取り扱いを17日から開始しております。

内容については以下の通りです。
制度名:緊急短期資金保証(令和元年台風15号による災害)
対象者:令和元年台風15号で被災された中小企業者
※申込金融機関において被災状況が確認できた法人および個人
※なお、申込に際し罹災証明書は不要です。
資金使途:運転資金
保証限度額:直近決算の平均月商の1カ月以内かつ1,000万円以内
保証期間:12カ月以内(据置期間を含む)
返済方法:一括返済または分割返済
融資利率:金融機関所定利率
保証料率:0.45%~2.20% ※財務内容により決定
担保:原則、無担保
保証人:原則、法人代表者のみ
取扱期間:令和元年9月17日から令和元年12月27日
申込先:最寄りの取扱金融機関

この保証制度では通常の申込書類の他、「金融機関所見」という書類の添付が必要となります。

金融機関が、被害状況、本件借入れの必要理由、金融機関の支援状況または今後の支援の取組み方針を記入して、千葉県信用保証協会に提出します。罹災証明書が不要な代わりに金融機関が被害状況を確認し、今後も支援していくことを明確にすることで、千葉県信用保証協会も支援しようということです。

緊急支援の保証制度ですから、審査結果も早いでしょうし保証も出やすいと思います。

売上高が正常な状態まで回復するには時間を要する企業が多いでしょう。それならば当面の資金繰り安定のためにもお付き合いのある金融機関に相談してください。

「緊急短期資金保証制度」について詳細はこちらを、「金融機関所見」についてはこちらよりダウンロードできます。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
TEL:047-379-9508
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

創業後の資金繰り見通しもしっかり考える前のページ

近代セールス2019年10月1日号に執筆記事が掲載されました次のページ

ピックアップ記事

  1. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  2. リスケは経営者が動かないと
  3. 当社は記帳代行も行っています
  4. 経営コンサルタント+税理士で御社の経営を支援
  5. 認定支援機関の活用

関連記事

  1. 中小企業支援制度

    公的機関を無料で活用した人手不足解消策

    人手不足が解消できない中小企業人手不足で悩む中小企業は、間違い…

  2. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    今年もよろしくお願いいたします

    みなさま、あけましておめでとうございます。今年、平成30年(2…

  3. ブログ

    信用保証制度見直しの方向性を公表

    信用保証協会(以下、保証協会)とは、中小企業が金融機関から事業資金の融…

  4. 中小企業支援制度

    認定支援機関の活用

    中小企業経営者の中には、自社の経営の問題点や改善策、見通し等をまとめた…

  5. 中小企業支援制度

    経営改善計画書の説明をしてきました

    当社は認定支援機関として活動していますが、特に経営改善計画策定支援事業…

  6. 中小企業支援制度

    信用保証協会関係のページにアクセス増加

    新型コロナウイルス感染症の影響を受けた中小企業が増加する中、信用保証協…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 銀行融資

    不動産担保
  2. 起業(創業)

    創業後の資金繰り見通しもしっかり考える
  3. 中小企業支援制度

    大阪府で発生した地震による被災中小企業対策
  4. 起業(創業)

    千葉県は創業保証が増加
  5. 金融機関に関するニュース

    プロパー融資の併用割合を公表
PAGE TOP