資金繰り表の作成は深く悩まない

自社の経営について真面目に考えている経営者というのは、これまでの経営結果を数字で確認したいでしょうが、今後の数字はどうなるのだろうという今後の見通しにも強い関心を持ちます。

そのため、今後のお金の入りと出はどうなるのか、少なくとも翌月や翌々ぐらいは知りたいものです。「そんなのどの経営者も考えることだろう」と思われるかもしれませんが、何も考えていない経営者は結構いるのです。

しかし、「資金繰りの見通しを立てるといってもどうしたらいいのだろう」と悩んでしまう方が多いのです。

借入金がある企業なら、毎月の返済額や利息はたいだい分かりますね。詳しくは返済予定表を確認すればいいでしょう。

毎月支払う経費も今までの金額からだいたい予想できます。

ということで一番悩むのは、売上がいついくら発生し、いつ入金されるかではありませんか。

仕入や外注費等の売上原価は売上が分かれば金額はだいたい分かりますし、支払うのはこちら側なので考えやすいでしょう。

ただ、入金は売上がいつ発生するか、いつ入金されるか、それは相手がいることなのではっきりしないことも多いですね。それに契約書で条件を決めておいても、遅れる取引先はありますから。

経営者も経理担当者もそこで悩んでしまうのです。そうなるとどうせ作成しても意味がない、よく分からないと投げ出してしまう。

先ほどから何度か「だいたい」という言葉が出てきたと思いませんか。資金繰りの見通しを立てる際、この「たいだい」で作成しようでいいと私は思います。入金出金をすべて社内で管理できるのならいいのですが、相手もあり不確定要素が多いので、少しは合わないと考えていいですし、そう思わないと続けられません。

経理を任せている社員は真面目な方が多いと思います。信頼できる方が多いのですが、その真面目さがゆえに先の数字を予測するというのが苦手な方がいます。

そういう方は見通しといっても実績とあまりにも違うものだったらどうしよう、後で社長に迷惑をかけてしまうのでは、となってしまうのです。

1円単位まで予測する必要はありません。企業規模にもよりますが、万単位、10万単位で考えてもかまいません。そして、預金残高が予め決めた水準を下回りそうだと予想されたら、金融機関に融資を申し込むようにします。

そして、支出は多めに、入金は保守的に考えておきましょう。

売上先からの入金も、いつも予定通りに支払ってくれるところは見込んでおき、いい加減な先は遅れると見込んで資金繰りを立てる方がいいでしょう。

また、資金繰り表は経理担当者だけで作成するものではないと考えます。必ず経営者は目を通し説明を受け問題ないか判断してください。

そうはいってもなかなかうまく行かずに困っている経営者さんは、当社でも支援を行っていますのでぜひご相談ください。

 

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
TEL:047-379-9508
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントをしています。このブログではこれまでの業務で経験したことを書いています。

プロフィール

関連記事