経理業務

消費税軽減税率制度開始は10月から

今年10月から消費税率の引上げと軽減税率制度が導入されます。

海外ではすでに複数の税率が導入されている国もありますが、日本では初めての軽減税率です。

軽減税率対象としては、飲食料品、テイクアウトや宅配等、有料老人ホーム等で行う飲食料品の提供は軽減税率対象だけど、外食、酒類、ケータリング等、医薬品・医薬部外品等は軽減税率対象外、つまり10%ということになります。

あとなぜか新聞も定期購読契約が締結された週2回以上発行されるものについては、軽減税率対象品目(8%)です。あれだけ反日で日本を貶める朝日新聞でも定期購読なら8%です。

この軽減税率は、飲食業や飲食料品小売業を営む事業者に大きな影響があって、複数税率に対応したレジへの買換え・回収をしなければならないというイメージがあるかもしれません。

しかし、食品を扱う事業者だけが影響を受けるというわけではありません。「当社は飲食や食料品とは関係ない事業だから10%だろう」と思っても、例えば、福利厚生として飲み物や食べ物を購入した、社内会議用の弁当やお茶を購入した、という場合は8%ということになります。

1枚の領収書でも8%と10%の両方が含まれていることもあるでしょうから、明細や但し書きのところをよく確認して経理処理するようにしましょう。

いろいろ説明会も行われていますが、中小企業庁から公表されている「消費税軽減税率まるわかりBOOK」は分かりやすいと思います。

また、「こういう場合はどっちなのだろうか?」と悩むことがあるかもしれません。かといって税務署や誰かに聞くのも嫌だという方は、国税庁HPに「消費税の軽減税率制度に関するQ&A」があります。これを参照してみましょう。参考になるかもしれません。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
TEL:047-379-9508
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

ピックアップ記事

  1. 中小企業も書類作成能力が必要
  2. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  3. 条件変更改善型借換保証
  4. 今の経営で大丈夫ですか?
  5. 融資を受けるために必要な資料

関連記事

  1. その他いろいろ

    てるみくらぶの影響が当社にも

    数日前から旅行会社「てるみくらぶ」の経営破綻や、旅行者が被害を被ってい…

  2. 経理業務

    顧問先が税務調査

    今日は顧問先で税務調査がありました。経営者にとって税務調査とい…

  3. ブログ

    部門別に把握してみましょう

    決算書の中にある損益計算書には、一番上に売上高、一番下には税引後当期純…

  4. ブログ

    損益分岐点売上高

    経営者の皆さんは、自社の損益がゼロとなる売上高をご存知ですか。…

  5. ブログ

    支払順位

    資金繰りの管理は経営者の大切な仕事の一つです。…

  6. ブログ

    確定申告してきました

    先週から確定申告がスタートしました。私はエ…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

2019年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

おすすめ記事

  1. ブログ

    東京商工会議所が魅力ある中堅中小企業を紹介
  2. ブログ

    金融のルールは大手から中小に流れる
  3. 金融機関に関するニュース

    銀行の日
  4. ブログ

    マル経融資
  5. 資金繰り

    売上増加は資金繰りが苦しくなる原因
PAGE TOP