資金繰り

経済産業省がファクタリングを勧めている?

資金調達手段の一つであるファクタリングは、売掛債権を売却して資金を調達する方法です。ファクター(ファクタリング会社)は、企業から売掛債権を買取り、売掛先から債権を回収します。最近はそういうファクタリングを3社間ファクタリングと言ったりします。

しかし、企業はこの資金調達を使うと、売掛先から「資金繰りに苦しい企業」と疑われるかもしれません。そこで、最近増えたのが2社間ファクタリングです。売掛先には知られずに資金調達ができるとして利用が増えています。詳しくは当社HP「ファクタリング」を参照してください。

また2社間ファクタリングは、銀行融資とは違い決算内容が悪い、税金の滞納があるなど、金融機関からは敬遠されがちな中小企業でも利用できる資金調達手法といえます。それと同時に、かなり高額な手数料を取られてしまうあまり良いイメージを持たない経営者も私の周りでは増えました。ファクタリング会社は非常にリスクが高いため、どうしても高い手数料になってしまうのです。

有名になったおかげでしょうか、当社にもファクタリング依頼のお問い合わせを時々いただきます。当社はファクタリング会社ではありませんので、残念ながらファクタリングによる資金調達のお手伝いはできません。

ファクタリング会社やファクタリングを紹介しているサイトを見ると、「経済産業省がファクタリングを勧めている」あるいは「経済産業省がファクタリングを推奨している」と書かれています。

それらには出典を明らかにしているところもあったので確認してみました。

参議院/中小企業における資金調達の課題(PDF)

経済産業省/売掛債権の利用促進について(PDF)

企業が金融機関から資金調達する際、担保が必要になると不動産担保に大きく依存しています。しかし、企業は多額の売掛債権を保有していることから、それを利用して資金調達しましょうとは確かに書かれてはいます。

また、ここではファクタリングも資金調達手法として紹介されています。

経済産業省 売掛債権流動化とは(PowerPoint)

しかし、3社間でのファクタリングによる資金調達方法であって、2社間でのファクタリングについては書かれていません。

経済産業省が売掛債権を使った資金調達の推進に力を入れている中で、ファクタリングもそのうちの一つでしょうが、それは3社間であって2社間のファクタリングではありません。

ただそうはいっても、中小企業の資金繰りについては、銀行融資だけではどうにもならないことがあるのも事実です。

だから、私は2社間ファクタリングを否定はしません。しかし、「国がお墨付きを与えている。安心な資金調達方法なのだ」とは思わないようにして欲しいのです。2社間ファクタリングは取扱業者が増えたので手数料は低下傾向にあるとはいえ高額です。

もし国が(2社間)ファクタリングを推奨していたとしても、1か月後に入金される売掛金を10%も引かれて買い取ってもらうというのは、気軽に手を出さない方がいいというのは分かっていただけるかと思います。最後の手段としてどうしてもというのなら、少しでも手数料が低いところを選ぶようにしましょう。

本来のファクタリングである3社間なら、ファクタリング業者もリスクが低減しますから手数料は安く、資金調達方法として検討してもいいでしょう。

大手企業と取引がある企業なら、知らないうちにファクタリングを利用している可能性があります。請求してから入金まで待たされる場合、大手企業の関連会社がファクタリング業務を行い、手数料を引かれて振り込まれている中小企業はあると思います。当社顧問先も利用していますが1%台の手数料です。

金融機関が融資を断ってきたら、それだけ存続可能性の低い企業だと見ているわけです。そうなると高金利や高い手数料による資金調達が選択肢に入ってくるでしょうが、ファクタリング会社も企業から相談があっても実際にファクタリングを実行できるのは10%程度だと担当者から聞いたことがあります。

「金融機関から融資が断られてしまったからファクタリングでいいや」とはいかない可能性だってあるのです。

したがって、みなさんは「(2社間)ファクタリングを利用しなければならなくなった。これから経営を改善していこう」ではなく、そうなる前の「金融機関が冷たくなってきたな」と感じた時点で、これ以上経営悪化しないよう行動しましょう。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

SNSを通じた個人融資前のページ

取引のない金融機関が訪問してきた次のページ

ピックアップ記事

  1. 今の経営で大丈夫ですか?
  2. 経営に役立つ経理を
  3. 経営改善ができない経営者さんへ
  4. 経営コンサルタント+税理士で御社の経営を支援
  5. あきらめずにぜひご相談を

関連記事

  1. 資金繰り

    栃木銀行から短期継続融資の提案

    みなさんの会社が金融機関から融資を受ける場合、証書貸付による資金調達が…

  2. ブログ

    ご紹介した銀行から融資が出ました

    昨年12月、金融機関との付き合いに悩む顧問先企業に、お付き合いのある金…

  3. ブログ

    信用保証制度見直し案がまとまりました

    中小企業庁は12月20日、信用保証制度の見直しに関して、有識者会議で最…

  4. ブログ

    信用保証協会に頼らない経営を

    中小企業(特に小規模企業)であれば銀行からの資金調達では、信用保証協会…

  5. ブログ

    望ましい借り方

    銀行から融資を受ける場合、必ず聞かれるのが資金使途です。資金使途は大き…

  6. 資金繰り

    「リスケ中でも融資出ますか?」

    「融資が受けられるか」というご相談の中には、やはりというかリスケジュー…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 資金繰り

    資金繰りの悩みを解決したい
  2. 中小企業支援制度

    信用保証協会関係のページにアクセス増加
  3. ブログ

    営業外収益の補助金計上は自社の強みのサイン
  4. その他いろいろ

    電話de詐欺に注意
  5. 中小企業経営

    当社は有限会社です
PAGE TOP